キヤノンMJ,500Mモノクロカメラを発売

キヤノンマーケティングジャパンは,同社製の500万画素グローバルシャッターCMOSセンサーを搭載したモノクロデジタルカメラ「CI-5MGMCL」を9月下旬より発売する(製品HP)。

「CI-5MGMCL」(製造元:シーアイエス)は,キヤノン製の500万画素グローバルシャッター2/3型CMOSセンサー「3U5MGXSMAA」を搭載した500万画素のモノクロデジタルカメラ。工場で高速に動く部品や製品の検査,バーコード・QRコードの認識,高度道路交通システム,動作の安定しないドローンからの空撮用カメラ,半導体製造装置の精密アライメント向けカメラなど多様なニーズに対応する。

画像の出力方式は,マシンビジョン用インターフェース標準規格Camera Linkに対応。最大42.37fps(全画素時)の高速読み出しと約43g,29mm(高さ)×29mm(幅)×29mm
(奥行き)の軽量小型を実現している。

全画素を同時に露光するグローバルシャッター機能を搭載しているため,高速で移動する被写体をゆがみなく正確に撮像することが可能だという。

主な特長は以下の通り。
・グローバルシャッター方式CMOSセンサー
・高フレームレート(全画素時42.37fps)
・Camera Link対応
・トリガーモード:エッジトリガーモード/パルス幅トリガーモード
・シェーディング補正
・ユーザーによる欠陥画素補正が可能
・小型軽量の幅29mmキュービックサイズ
・Multi ROI機能

その他関連ニュース

  • キヤノン,グローバルシャッターIRセンサー発売 2019年10月18日
  • ソニー,積層型CMOSイメージセンサーを発売 2019年10月03日
  • 東大,トモエゴゼンの観測運用を開始 2019年10月02日
  • キヤノン,超高感度CMOSセンサーを望遠鏡に提供 2019年10月01日
  • IDS,データ処理機能内蔵の3Dカメラを発売 2019年09月30日
  • リコー,35mm5M対応FAレンズを発売 2019年09月02日
  • Basler,CXP2.0カメラ向け評価キットを発表 2019年08月29日
  • キヤノン,生産ロボット向け画像処理ソフトを発売 2019年08月29日