古河電工,自動車アルミ材を高品質溶接

古河電工は,自動車用アルミニウム合金の溶接欠陥を抑制するファイバーレーザー溶接技術を開発した(ニュースリリース)。

近年,自動車の燃費向上,CO2排出量削減を目的として車体軽量化の要求が高まっており,自動車用部材への各種アルミニウム合金の適用が拡大している。

自動車の組み立て工程において,高速,高品質溶接が可能で生産性の向上が期待できるファイバーレーザー溶接は必要不可欠な技術となっている。一方で,アルミニウム合金の溶接においては,一見良好な溶接外観であってもビードの割れや溶接部内部にブローホールが発生しやすく克服すべき技術課題となっていた。

今回開発したレーザー溶接技術は,同社がかねてから開発を進めていたビームモード制御技術と溶接条件の最適化により,アルミニウム合金の溶接欠陥を大幅に削減したという。

なお,この技術は,同社千葉事業所内レーザアプリケーションラボにて導入検討ができる。同社は今回の技術により,自動車用車体の軽量化による燃費向上,CO2排出量削減に大きく貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱,三次元ファイバーレーザー加工機を発売 2020年02月25日
  • 国際ロボット展に見る「光技術とロボット」 2019年12月20日
  • ダイヘンら,レーザー・アーク溶接システムを発売 2019年12月09日
  • 光響,極微細用レーザーマーカーを発売 2019年12月04日
  • 量研ら,超短パルス軟X線レーザー加工に新知見 2019年12月02日
  • 古河電工,産業用レーザーの訓練センター開設 2019年11月29日
  • 古河電工,12kWファイバーレーザーを実現 2019年11月28日
  • 原研ら,半導体メモリの電子状態変化を観測 2019年11月15日