光響,3DマッピングLiDARを発売

光響は,建造物や地形を簡単に点群データ化できる「LiBackpack C50」の販売を開始した(ニュースリリース)。

LiDAR及びSfM(Structure from Motion)技術を用いて,カラー点群を生成する三次元(3D)測定システム。測定時は,バックパックまたはハンドヘルド方式のいずれかを選べ,屋内・屋外を問わず,周囲のあらゆる地形を広範囲に高い精度でマッピングできる。

建造物(有形文化財)の形状調査,トンネル形状調査,森林調査,史跡調査,地形測量等での利用が見込まれるという。

主な特長は以下の通り。
・高性能SLAM技術による三次元(3D)測定
・周囲のあらゆる物体を簡単にカラー点群化
・広範囲スキャニング
・バックパック又はハンドヘルド両方で測定可能
・屋内・屋外の両方で使用可能
・リアルタイムのデータ可視化

その他関連ニュース

  • パナ,100万画素のTOF画像センサーを開発 2020年02月18日
  • パナ,レーザーSLAM搭載ロボ掃除機発売 2020年02月10日
  • 横国大,光ビームを自在操作するチップ開発 2020年01月15日
  • PSSI,次世代3D-LiDARセンサーの試作機など公開 2020年01月08日
  • ソニー,自社センサーによる自動運転車を試作 2020年01月07日
  • 独Pepperl+Fuchs,3D-LiDARセンサーを発表 2019年12月24日
  • パイオニア,小型「3D-LiDAR」を量産化 2019年12月23日
  • 国際ロボット展に見る「光技術とロボット」 2019年12月20日