日立LG,LiDAR用動線計測ミドルウェアを無償提供

日立エルジーデータストレージ(日立)は,3D LiDAR(TOF)センサー向けの動線計測ミドルウェアパッケージの無償提供を開始した(ニュースリリース)。

同社の3D LiDAR (TOF)センサー,HLS-LFOMシリーズの動線計測を今回,標準ミドルウェアパッケージとして公開した。

パッケージには,複数センサーをつなぎ合わせるキャリブレーションツール,動線計測ミドルウェア,手伸ばし検知ミドルウェア,および取得した動線データの再生ツールなどが含まれており,HLS-LFOMシリーズのユーザーは無償で利用することが可能。

この製品をリテールの店舗で利用することで,今まで取れなかった店内での顧客行動がわかるようになる上,身長,速度,手伸ばし等の情報も取得できるようになるという。

顧客行動分析により,1台のセンサーではカバーできないような広い範囲でも,センサーからセンサーへ正確な座標で受け渡しを行なうので,複数のセンサーを連結して1人の人を1本の動線データとすることができる。

取得された動線データは,正確な座標情報と時刻で出力されるので,属性カメラや,商品棚,デジタルサイネージなど,さまざまなデータと連携が可能で,キャッシュレス店舗のようなリアルタイム性を必要とするソリューションの構築にも活用されている。さらに,動線データは,JSONファイルまたはTCPソケットで出力されるので,外部アプリケーションとの連携も容易だとする。

その他関連ニュース

  • OUSTER,画像も撮れるLiDARに長距離モデル追加 2019年09月12日
  • 早大ら,VRが文化財への興味を促すことを検証 2019年09月11日
  • NEDO,超微小量センサー評価技術の開発開始 2019年09月10日
  • ボッシュ,車載3Dディスプレーを開発 2019年09月10日
  • 茨城大,LiDARで遺跡の巨大な土台を確認 2019年09月04日
  • KDDI,法人向け「映像×5G」サービスを開始 2019年09月03日
  • 台湾Artilux,レーザー3Dセンシング新技術を発表 2019年09月03日
  • ソニーら,窓をディスプレーにしたエンタメ車両を開発 2019年08月22日