日立LG,LiDAR用動線計測ミドルウェアを無償提供

日立エルジーデータストレージ(日立)は,3D LiDAR(TOF)センサー向けの動線計測ミドルウェアパッケージの無償提供を開始した(ニュースリリース)。

同社の3D LiDAR (TOF)センサー,HLS-LFOMシリーズの動線計測を今回,標準ミドルウェアパッケージとして公開した。

パッケージには,複数センサーをつなぎ合わせるキャリブレーションツール,動線計測ミドルウェア,手伸ばし検知ミドルウェア,および取得した動線データの再生ツールなどが含まれており,HLS-LFOMシリーズのユーザーは無償で利用することが可能。

この製品をリテールの店舗で利用することで,今まで取れなかった店内での顧客行動がわかるようになる上,身長,速度,手伸ばし等の情報も取得できるようになるという。

顧客行動分析により,1台のセンサーではカバーできないような広い範囲でも,センサーからセンサーへ正確な座標で受け渡しを行なうので,複数のセンサーを連結して1人の人を1本の動線データとすることができる。

取得された動線データは,正確な座標情報と時刻で出力されるので,属性カメラや,商品棚,デジタルサイネージなど,さまざまなデータと連携が可能で,キャッシュレス店舗のようなリアルタイム性を必要とするソリューションの構築にも活用されている。さらに,動線データは,JSONファイルまたはTCPソケットで出力されるので,外部アプリケーションとの連携も容易だとする。

その他関連ニュース

  • 光響,ドローン搭載用LiADRユニットを発売 2020年07月09日
  • 東芝,非機械式LiDARで検出距離4倍のSiPM開発 2020年07月07日
  • 北陽電機,移動ロボット向け上位LiDARを発売 2020年07月03日
  • シャープら,8Kでインタラクティブに文化財鑑賞 2020年07月01日
  • 京大ら,LiDAR用フォトニック結晶レーザー開発 2020年07月01日
  • キヤノン,100万画素SPADセンサーを開発 2020年06月25日
  • NEDO,革新的センシングデバイス開発に着手 2020年06月22日
  • Livox,最長検出距離1kmのLiDARを販売 2020年06月22日