日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞

日本触媒は,大気安定な逆構造有機EL素子の開発において,有機EL討論会より第12回業績賞を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は有機ELに関連する科学技術の発展への顕著な功績に対して贈られるもの。

同社はフレキシブル有機ELの長年の課題であった大気中の酸素や水分による素子の劣化を克服した。具体的には,水・酸素に安定な材料の開発及び,素子構成の反転により,長時間安定駆動可能なフレキシブル有機ELの実現に成功したことが高く評価され,今回の受賞となった。

水・酸素に強いこの有機ELは,保護・バリア層を簡略化できるため,デバイスを紙よりも薄くすることができる。同社ではその薄さを大きな強みと捉え,開発品名「iOLEDフィルム光源」として発売に向けた検討を進めている。

iOLEDフィルム光源は,0.07mmという業界最高クラスの薄さを実現し,フレキシビリティに優れ,さまざまな曲面に沿う特徴を有しているという。例えば,肌に直接貼る,棒状のものに巻きつける等,これまで適用の難しかった場所・場面での活用が可能としている。

その他関連ニュース

  • マクセル,高精細OLEDパネル用マスクを量産 2019年10月11日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日
  • 2019年度「C&C賞」に,安田靖彦氏と羽鳥光俊氏 2019年10月02日
  • 日立,光トポグラフィで山崎貞一賞を受賞 2019年09月27日
  • 日本触媒ら,EL光源を水素結合で長寿命化 2019年09月18日
  • 九大ら,有機分子のスピン変換遷移状態を解明 2019年09月04日
  • 2018年の特殊粘接着・封止材市場,2017年比104.4% 2019年08月07日
  • 九大,従来よりも10倍厚い有機ELを開発 2019年07月30日