ルミバード,高ピークQCW半導体レーザーを発売

ルミバード・ジャパンは,ファイバー結合型高ピーク出力QCW半導体レーザーを発売した(会社HP)。

N.A.0.22,コア径φ1mmの光ファイバーから500Wの尖頭出力を最大200Hzの繰り返しで得られる。808nm,915nm,940nmもしくは980nmの波長が選択可能で,SMA905コネクター付きの出力ファイバーは脱着可能となっている。

空冷で振動衝撃などの耐環境性能にも優れており,産業,医療,航空宇宙用途などを見込んでいるとしている。 

その他関連ニュース

  • NEDOら,8W深紫外ピコ秒パルスレーザー開発 2020年03月19日
  • 九大ベンチャー,4社から1億5000万円を調達 2020年03月18日
  • セブンシックス,光パラメトリック増幅器を発売 2020年03月18日
  • ルミバード,小型短パルスレーザーを発表 2020年03月03日
  • SP,波長可変レーザーを発表 2020年02月22日
  • SP,多光子イメージング用レーザーを発表 2020年02月21日
  • SP,フェムト秒ファイバーレーザーを発表 2020年02月20日
  • 福井大ら,スマートグラス用レーザーを製品化 2020年02月19日