NEC,生後2時間の新生児の指紋認証に成功

NECは,新興国における新生児の生体認証基盤の実現に向け,ケニア共和国にて生後1年未満の新生児・乳児を対象とした指紋撮像・認証技術の実証実験を行ない,生後2時間を含む出生当日の新生児におけるエラー率0.3%での指紋認証に成功した(ニュースリリース)。

現在,法的な身分証明を持たない人々の数は世界で11億人と報告されている。さらに,1年間に新生児260万人を含む5歳以下の子供560万人が命を落としており,その大半の死因は,予防や治療で回避できる病気とされている。

このような問題を解決するには,新生児期の出生証明・登録による本人の同定手段が必要。これらを実現するには,生後6時間未満の新生児の生体情報の確実な採取法と照合法の確立が求められている。

今回,出生直後の新生児の指紋を採取するためには20μm未満の谷線幅を撮像する必要があった。同社は高分解能を持つ10μmの撮像素子を搭載した高解像度イメージセンサーを採用するとともに,紋様を強調する特殊ガラスを組み合わせることで,20μm程度の谷線部紋様に対し,高精細な画像撮像を可能にした。

さらに撮像時における新生児の指の動きによるブレを解消するために,フレームレートをこれまでの2fpsから7fpsへ高速化し,ブレ防止機能をセンサー部に持たせた。また,作業者が,対象者のやわらかい指を必要以上に撮像面へ押し付けないための形状と撮影対象の指の撮像方向を統一するためのガイド等,新生児用の特殊なデザインを採用した。

今回の実験により,出生後早期に生体情報の採取と認証が行なえることで,出生証明・登録,退院時の本人確認,ワクチン接種記録等が可能になり,法的身分証明の提供をもとにした新生児の健康や安全の大幅な改善が期待できるという。

今後同社は今回の実験について,新興国の新生児における生体認証基盤や国民IDシステムでの利用に向け,実用化を目指すとしている。なお,今回の実証実験は長崎大学熱帯医学研究所との共同研究として,現地の長崎大学ケニア拠点とともに実施した。

その他関連ニュース

  • NEC,歩行中の虹彩認証技術を開発 2019年11月06日
  • 富士通,生体情報を暗号化したまま認証 2019年08月02日
  • 富士通の静脈認証装置,国際規格FIDOに対応 2019年07月04日
  • TDSL,包装シートの欠陥検査装置を発売 2019年06月26日
  • NEC,生体認証・映像分析事業を強化 2019年06月21日
  • オリンパス,7000倍のデジタル顕微鏡を発売 2019年06月04日
  • NECら,画像処理によるワイン検査機を開発 2019年05月20日
  • 富士通の静脈認証,韓国の搭乗サービスに導入 2019年03月27日