スペクトラ・フィジックス,産業用レーザー2種を発表

スペクトラ・フィジックスは,高出力産業用UVピコ秒ハイブリッドファイバレーザー「IceFyre 355-50」およびウルトラコンパクト電源一体型のQスイッチUVレーザーであるExplorer Oneシリーズに,平均出力従来品比1.5倍のUVレーザー「Explorer One HP 355-6」を加えることを発表した(製品ページ)。

「IceFyre355-50」は最大50MHzのUVパワー,超短パルス,および最大10MHzの繰返し周波数で最高のパワーを提供し,24時間365日の生産ラインでの高スループット,高品質のマイクロマシニングに適している。プログラム可能なバーストモード,高度なトリガリング,および広範囲に調整可能な繰返しレートを備えており,5G電装部品やフレキシブルプリント基板,OLEDやフレキシブルディスプレー,太陽電池,その他多くの材料やデバイスの大量生産におけるコールドマイクロマシニングを可能にするという。

UV355nmにおいて平均出力が50Wを超え,10ピコ秒のパルス幅で,シングルショットから10MHzまで繰返し周波数を調整可能。パルスオンデマンド(POD)および位置同期出力(PSO)トリガ,業界最小のタイミングジッター,内蔵のダイナミックパワー調整を特長とし,高速プロセス用の正確な制御を提供するとしている。

「Explorer One HP 355-6」は,「Explorer Oneシリーズ」の超小型アクティブQスイッチレーザーの最高出力UVモデル。シングルショットから500kHzまでの繰り返し周波数で6Wを超えるUVパワーを提供する。OLEDディスプレーやモバイル機器製造などの民生用電子機器アプリケーションにおける精密マイクロマシニングのための動的パルスエネルギーおよびパワー制御が特長。ハイスループット,ハイコントラストの高速マーキングの実現により,医療機器業界および消費者向け包装業界向けに適しているという。

12ns以下のパルス幅で6W以上のUVパワーを出力。精密マイクロマシニングとマーキングのための高度に差別化されたソフトウェア機能のプログラムを備えており,独自のE-TrackTM機能は,クローズドループのダイナミックなオートパルスエネルギーおよびパワー制御を提供する。E-PulseTM機能は適用された繰返し率とは無関係に一定のパルスエネルギーを提供し,その内蔵制御アルゴリズムは位置同期出力(PSO)互換性を可能にするとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,30Wファイバーレーザーマーカーを発売 2020年07月15日
  • SP,40Wグリーンファイバーレーザーを発表 2020年07月06日
  • コヒレント,二重ビームファイバーレーザーを発売 2020年06月09日
  • リンシュンドウ,ファイバーレーザー溶接機を発売 2020年05月05日
  • リンシュンドウ,ファイバーレーザー加工機を発売 2020年04月20日
  • コヒレント,フィンランドに製造・開発拠点設立 2020年04月16日
  • 三菱,三次元ファイバーレーザー加工機を発売 2020年02月25日
  • 古河電工,産業用レーザーの訓練センター開設 2019年11月29日