キヤノンメディカル,露企業と事業強化の同意書締結

キヤノンメディカルシステムズは,ヘルスケア大手である露R-Pharm Holding(以下,R-Pharm)と,ロシア国内におけるキヤノン製医用画像診断装置の販売および,将来的な現地生産までを視野に入れた枠組み同意書を締結した(ニュースリリース)。

同社は,CT,MRI,超音波画像診断装置などの医用画像診断装置の国内シェアNo.1,グローバルでもトップクラスのシェアを持ち,世界150カ国以上の国や地域に製品,サービスを提供している。

ロシアにおいては,2015年,経済産業省の「日露循環器病画像診断トレーニングセンター設立プロジェクト」に参画し,モスクワ第一医科大学およびモスクワ循環器センターと共同で日露循環器病画像診断トレーニングセンターを設立し,同社の最新医療機器でロシアの医師に対してトレーニングを実施し,循環器診断・治療の技術レベル向上を支援するなど,ロシアの医療に貢献してきた。

R-Pharmは,ロシア国内とCIS諸国を中心に欧州,米国でも事業を行なっており,その事業領域は医薬品,実験用サプライの研究開発,製造,販売,医療機器の製造,販売に及んでいる。

同社は今回の枠組み同意書をもとに,ロシア国内におけるキヤノン製画像診断装置の販売,将来的な現地生産開始を視野に事業の強化を図り,より質の高い,より効率の良い医療の実現を目指していくという。

その他関連ニュース

  • トヨコー,4社と資本業務提携し8億円を調達 2019年10月02日
  • NTT西,VR事業でアルファコードへ出資 2019年09月27日
  • 島津,ミツトヨとX線CTシステム販売で提携 2019年09月05日
  • ams,中国企業と3D NIRセンサーで提携 2019年07月18日
  • ニコン,再生医療事業を拡大へ 2019年07月12日
  • ニコン,VelodyneとLiDARセンサーの生産契約を締結 2019年05月07日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • パイオニアとキヤノン,3D-LiDARを共同開発 2019年04月18日