コーニング,3Dガラスカットシステムを発表

米コーニングインコーポレイティッドは,3D切断向けに,独自の「nanoPerforationガラス切断技術」を改良した新技術を搭載したシステム「CLT 43D」を発表した(ニュースリリース)。

同社の改良技術は超短パルスレーザーを使用しており,材料アブレーションではなく,局所的にレーザー光をミシン目のように入れることでガラスを切断する。これまで2Dガラス加工で実証したように,この技術は,滑らかで非常に高品質な切断を高速かつ高精度で行なえるという。

垂直切断を実現するために,コーニングレーザーテクノロジー(CLT)は今回,非常に高速・高精度の「CLT5軸ビーム照射システム」を開発した。これは,2つの高速回転軸と,高速のX/Y/Zモーションシステムを組み合わせたもので,最大1200mm×700mm×300mmサイズの3Dガラスを高精度に切断できる。

これにより,従来のメカニカルスクライブ・ブレイク(MS&B)法や研削加工では非常に難しい,フリーフォームでの3D切断が可能になったという。

また,フリーフォームの精密な切断が可能になることにより,加工工程を最適化しつつ複雑さを減らすことができる。端面品質に優れており,仕上げ処理はほとんどあるいは全く必要ないとする。

今回の技術により,設計者は,コンシューマーモバイルデバイスや自動車内装部品など,世界の様々な業界で進む曲面ガラス採用への対応力を高めることが可能になるとしている。

その他関連ニュース

  • 電気硝子,3Dプリンター用ガラスビーズを開発 2020年02月05日
  • ショット,深紫外向けホウケイ酸ガラスを発売 2020年01月23日
  • 東大,生命時間はガラスのように流れると実証 2020年01月09日
  • オハラ,加工性・耐久性を改善したガラス開発 2019年12月27日
  • 阪大ら,高分子ガラス状の分子振動の正体解明 2019年12月23日
  • パナ,透明ピラーの真空断熱ガラスを開発 2019年12月13日
  • 東大ら,ガラス形成物質の遅いダイナミクスに新知見 2019年12月11日
  • ダイヘンら,レーザー・アーク溶接システムを発売 2019年12月09日