光響,3Dガラス内部レーザー加工機を発売


光響は,文字・デザイン等を素材(ガラス)内部へ転写して表示する「3Dガラス内部レーザー加工機」(型番:Inner-MK)の販売を開始した(製品ページ)。

外部からレーザー光を素材内部へ集光すると,微小な亀裂・ヒビが生じるが,この製品は内部衝突の際に発生した亀裂・ヒビを利用して文字・デザイン等を素材内部で表示する。芸術(クリスタルアート)分野等での利用が想定されているという。

レーザー加工用ソフトは製品に内包されており,購入後は,文字・デザイン等の必要な情報を素材内部へ転写して詳細に表示できる。対象素材は,ガラス(推奨)・アクリル・ポリカーボネート等と幅広く,各種(透明)素材内部へ文字・デザイン等を転写・表示できるとしている。

主な特長は以下の通り。
・コンパクトサイズ
・簡単インストール
・高速彫刻スピード(~2kHz)
・空冷式

主な用途は以下の通り。
・レーザー加工
・レーザー彫刻
・インナーマーキング
・ガラス内部加工
・3次元加工

その他関連ニュース

  • ニコン,レーザースキャナーを森精機に供給 2020年06月02日
  • ニコン,新型マルチ光加工機で森精機と協業 2020年05月27日
  • リンシュンドウ,ファイバーレーザー溶接機を発売 2020年05月05日
  • 光響,グリーンレーザーマーカーキットを発売 2020年04月09日
  • 三菱,三次元ファイバーレーザー加工機を発売 2020年02月25日
  • ダイヘンら,レーザー・アーク溶接システムを発売 2019年12月09日
  • DGSHAPE,レーザー箔転写機の新製品を発売 2019年10月23日
  • 光響,ファイバーレーザーマーカー発売 2019年10月23日