NSG,英事業所で太陽光発電設備が稼働

日本板硝子(NSG)は,同社NSG欧州技術センターの年間電力の約3割を供給する太陽光発電設備が,7月4日から稼働開始したと発表した(ニュースリリース)。

同設備には,同社の顧客である米ファーストソーラーの太陽電池パネルが設置され,パネルにはNSG欧州技術センターで開発されたNSGのガラスが使用されている。

英ライトソースBP(エネルギー大手のBPが戦略的に提携した,欧州大手の太陽光発電開発企業)の設備負担による新規設備は,2.29MWpの発電容量を備え,CO2の年間排出量を848トン削減できる見通しという。同社は発電した電力をライトソースBPより購入するとしている。

その他関連ニュース

  • 分子研,有機太陽電池の電圧損失を抑制 2019年10月17日
  • 自家消費型太陽光発電市場,2030年度に4.7倍 2019年10月16日
  • OISTら,太陽光発電の変動を比較する手法を開発 2019年10月01日
  • OISTら,安定/低コストの太陽電池素材を発見 2019年10月01日
  • JAXAら,持続可能な住宅システムを南極で実験 2019年08月28日
  • シャープら,太陽光発電の余剰電力買取を開始 2019年08月07日
  • 2030年太陽光発電市場,2018年の3割以下に 2019年07月30日
  • 東芝,AIで高精度に太陽光発電量を予測 2019年07月17日