三菱ガス化学,増産に伴いプラレンズ廃材を再生

三菱ガス化学は,同社の特殊ポリカーボネート樹脂「ユピゼータ®EP」の新プラントが完工するのにあわせ,プラスチックの廃棄物削減に向けた「特殊ポリカーボネート・リサイクルプロジェクト」を始動した(ニュースリリース)。

同社の「ユピゼータEP」は,スマートフォンやタブレットなどに搭載される高機能小型カメラレンズ材料。高屈折率と低複屈折を両立させるとともに,成形性も兼ね備えた光学材料で,特にスマートフォンの薄型化に寄与するという。

カメラレンズはこの材料を射出成形することにより最終製品となる。この射出成形の際,必要となる部品以外のスプルーやランナーといった部分は,製品として使用されず廃棄されていた。

昨今,廃プラスチックの問題は世界的に注目を集めている。同社は「特殊ポリカーボネート・リサイクルプロジェクト」により,スプルー・ランナー部分を回収・リサイクルし,製造工程で発生していた廃棄物をゼロにするとしている。

なお,新プラントは10月より商業運転を開始する予定。これにより「ユピゼータ®EP」の総生産能力は従来の3,000トン/年から5,000トン/年以上となる。スマートフォン等の小型レンズ需要については今後さらなる伸びが予想されているといい,同社はそのニーズに応えるとしている。

その他関連ニュース

  • クラレのPSF,「日化協技術賞」技術特別賞受賞 2020年05月20日
  • 住友化学,大阪工場のEUVレジスト開発強化 2020年04月22日
  • コヒレント,フィンランドに製造・開発拠点設立 2020年04月16日
  • Basler,自社向けレンズラインナップを拡充 2020年02月20日
  • 名大ら,導電性高分子における熱電変換機構を解明 2020年02月17日
  • 昭和電工,上海に半導体用高純度ガス工場を建設 2020年01月09日
  • 理研,吹きガラス原理で微小レンズを作製 2019年12月27日
  • ソニー,イメージセンサー開発拠点を大阪に設置 2019年12月23日