ams,中国企業と3D NIRセンサーで提携

amsジャパンは,高性能CMOS画像センサーを扱う中国のSmartSens Technology Co.Ltd.(SmartSens)と,画像センサーの分野で提携する正式な同意書に署名したことを2019年7月18日発表した(ニュースリリース)。

この提携は,amsが持つ3つの3D技術であるアクティブステレオビジョン(ASV),飛行時間(ToF),ストラクチャードライト(SL)の全ポートフォリオ拡大へ向けた戦略的アプローチを補完するもので,これまで以上に差別化された新製品群を市場へ投入する時間を短縮するという。

今後予想されるモバイルデバイスの3Dセンシングソリューションの需要の高まりに応えるため,今回の提携ではまず,顔認識用の3D近距離赤外線(NIR)センサーと,NIRレンジ(2Dおよび3D)において高い量子効率(QE)を必要とするアプリケーションに注力する。

両社は3D ASVリファレンスデザインの開発における提携を通して,940nmで最大40%を誇る最先端のQEを備えた1.3MPスタックドBSIグローバルシャッター画像センサーの将来的な発表計画をサポートするとしている。

SmartSensは2011年に創立。高性能CMOS画像処理システムを扱う。同社の製品は車載画像処理,マシンビジョン,消費者向け電化製品(スポーツカメラ,ドローン,ロボット掃除機,スマートホームカメラなど)の分野で使用されている。電圧領域アーキテクチャとスタックBSIプロセスに基づくグローバルシャッターCISセンサーを業界で初めて導入した。

その他関連ニュース

  • OUSTER,画像も撮れるLiDARに長距離モデル追加 2019年09月12日
  • 早大ら,VRが文化財への興味を促すことを検証 2019年09月11日
  • ボッシュ,車載3Dディスプレーを開発 2019年09月10日
  • 島津,ミツトヨとX線CTシステム販売で提携 2019年09月05日
  • KDDI,法人向け「映像×5G」サービスを開始 2019年09月03日
  • 台湾Artilux,レーザー3Dセンシング新技術を発表 2019年09月03日
  • ソニー,卓球リーグにビデオ判定システムを提供 2019年08月27日
  • VCSELが高解像度化を可能に─リコーのfNIRS技術とは 2019年07月31日