SEMI,Q2/2019シリコンウエハー出荷面積は前期比2.2%減と発表

SEMIは,7月23日(米国時間),SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウエハー業界の分析結果を発表した(ニュースリリース)。

これによると,2019年第2四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が,2019年第1四半期の30億5,100万平方インチから2.2%減少し,29億8,300万平方インチとなったという。前年同期比では5.6%の減少となる。

同社では,シリコンウエハーの世界出荷面積は,足元の出荷面積の成長は鈍化しているが,長期的には成長が持続する見通しとしている。

■ 半導体用シリコンウエハー*  出荷面積動向 (百万平方インチ

四半期 2017年
第4四半期
2018年
第1四半期
2018年
第2四半期
2018年
第3四半期
2018年
第4四半期
2019年
第1四半期
2019年
第2四半期
出荷面積 2,977 3,084 3,160 3,255 3,234 3,051 2,983

(出展:SEMI 2019年7月)
*半導体用のシリコン以外は含まない。

その他関連ニュース

  • QDシート用フィルム出荷,2022年は3,200万㎡ 2019年10月15日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日
  • 2022年シリコンウエハ出荷面積,過去最高に 2019年10月01日
  • 2040年,自動運転システム搭載率は29.4%に 2019年09月18日
  • 半導体製造装置出荷額,Q2/2019は前年同期比20%減 2019年09月11日
  • 2021年,300mmファブ製造装置投資額は600億ドル 2019年09月04日
  • 折畳みスマホ用フィルム市場,2019年は130,000㎡ 2019年08月09日
  • 2018年の特殊粘接着・封止材市場,2017年比104.4% 2019年08月07日