2030年スマート農業関連市場,53.9%増の1,074億円

富士経済は,変革が期待される農業において,スマート化につながるモニタリング・センシング・ロボット・AI・IoTなどの各種先進テクノロジーを用いた生産施設・プラントや装置/システム/サービスの関連市場を調査し,その結果を「先進テクノロジーが変える!!農林水産ビジネスの最前線と将来展望2019」にまとめた(ニュースリリース)。

この調査では,農業をはじめ,水産業,畜産業においてもスマート化につながる施設・プラント/機器・デバイス/サービスの国内市場を調査した。また,今後の市場性が期待される先駆的な事業展開・研究開発を進める企業・団体の取り組み事例(52事例)を取り上げている。

これによるとスマート農業関連市場は,完全人工光型植物工場や植物育成用光源,栽培環境モニタリングシステム,農業用ロボットやドローンなどが好調に伸び,2030年は2018年に比べ53.9%増の1,074億円を予測している。

スマート水産業関連市場は,陸上養殖システムや養殖・漁業環境モニタリングシステムが伸びている。陸上養殖システムは,これまで地域活性化に向けた小規模な取り組みが中心だったが,近年,大手水産会社などの参入によって養殖システムの大規模化が進み,伸びている。2020年ごろから商用プラントの本格稼働が予定され,今後も望みが持てるとしている。

養殖・漁業モニタリングシステムは,漁業者の作業効率化,それに伴い燃料費や人件費などのコスト削減にもつながるとして漁協などで実証実験や製品化が進んでいる。また,高齢化が進む中で若手漁業者を増やすためにも経験の少なさをサポートするこのシステムは注目を集めており,今後の伸びが見込めるという。

スマート畜産業関連市場は,閉鎖型畜舎システムや搾乳ロボット,家畜モニタリングシステムなどが伸びている。閉鎖型畜舎システムは,牛舎向けのシステムが注目され,乳牛を中心に採用が増加している。また,搾乳量の増加や受胎率の向上といった効果が望めるとする。

ロボットは,畜産酪農家の収益力向上に向けた畜産クラスター事業による補助金を受け伸びている。飼養戸数が減少している一方で,1戸当たりの飼養頭数や飼養羽数は増加しており,大規模畜舎における作業の省力化・省人化に向けて需要が増加している。家畜モニタリングシステムは,酪農家・畜産農家の負担や農場経営のリスクを軽減することが可能となるほか,外国人実習生や経験の浅い酪農家・畜産農家をサポートし,育成にもつながるシステムとして注目されており,今後の伸びを見込んでいる。

■完全人工光型植物工場
完全人工光型植物工場市場は,地震や台風などの災害や,長雨,異常な猛暑や寒冬の影響で露地物の価格が乱高下し品質や供給が不安定になることが多くなっているなか,安定生産が可能な植物工場に注目が集まり,拡大している。特に,安定した調達を必要とする中食や外食などの業務・加工事業者では,植物工場産野菜を調達先の一つとして選択することが増えており,市場の拡大に寄与している。

これまで販売先のメインであった小売り向けが飽和状態にある中で,栽培事業者はレタスの大玉化など,業務・加工向けのニーズに合わせた栽培技術の確立を進めているほか,自家消費目的で自ら生産事業に取り組む中食・外食事業者も増えてきており,今後の市場の活性化が期待できるとする。

■陸上養殖システム
陸上養殖システム市場は,海水温度の上昇や台風・赤潮の発生といった環境の変化や自然災害の影響を受けないことや養殖プラントの設置場所を選ばないことから注目されている。近年は,大手水産会社の参入や地域活性化政策の一環として取り組みが増加しており,市場は拡大している。

養殖魚種が多様化していることや,養殖規模が徐々に拡大していることから,今後も市場の伸びが続くとみる。また,これまで養殖事業を手掛けていた企業による養殖システムの外販や,実証実験中の企業が事業化を計画していることなどから参入企業の増加が予想できる。

■家畜モニタリングシステム
家畜モニタリングシステム市場は,酪農家・畜産農家にとって重要な作業(発情検知,分娩監視,健康状態・疫病監視)をサポートするシステムとして普及が進み,拡大している。特に,中・大規模畜産農家や酪農家は,飼養頭数が多いため管理や作業負担の軽減ニーズが高く,投資力もあることから,システムの導入が進んでいる。

一方,小規模酪農家・畜産農家においても飼養牛の高齢化が進み,事故の際の農場経営へのダメージも大きいことから管理や作業負担の軽減ニーズは高まっており,比較的安価なシステムも登場しているため徐々に導入例が増えてきている。今後は,価格の低下や,計測したバイタルデータの分析精度の向上などにより,さらに普及が進むとみている。

その他関連ニュース

  • オムロン,人の感性を再現した欠陥抽出AI開発 2019年11月15日
  • NIMS,金属ナノワイヤーで脳機能を模倣 2019年11月12日
  • オムロン,ロボハンド用3D画像センシング開発 2019年11月11日
  • プラス,室内照明対応IoTシートを開発 2019年11月06日
  • 筑波大ら,時間経過した景観写真の生成AI開発 2019年11月06日
  • NECら,高効率で材料を開発する技術を開発 2019年10月31日
  • 変革が求められる韓国パネルメーカーの戦略とは 2019年10月29日
  • 東芝,溶接検査の実証実験を開始 2019年10月28日