光響,GNSS搭載のバックパック型LiDARを発売

光響は,建造物や地形を簡単に点群データ化できるバックパック型LiDAR「LiBackpack DG50」の販売を開始した(ニュースリリース)。

販売中の「LiBackpack D50」にGPSの1種であるGNSS(全地球的航法衛星システム)機能を追加したモデルで,従来のD50の特長に加え,GNSS機能による更に高精度なマッピングが可能となる。

屋内・屋外を問わず,周囲のあらゆる地形を広範囲に高精度でマッピングできる。主に,建造物(有形文化財)の形状調査等での利用が見込まれるという。

主な特長は以下の通り。
・SLAM及びGNSSによる高精度マッピング
・レーザースキャンと並行したデータ同時処理
・リアルタイムのデータ可視化
・屋内・屋外の両方で使用可能

主な用途は以下の通り。
・建造物(有形文化財等)形状調査
・トンネル形状調査
・森林調査
・史跡調査
・地形測量

その他関連ニュース

  • ams,新ASV技術製品を発表 2019年11月18日
  • PSSIら,自動運転バスのデモを実施 2019年11月15日
  • 【光フェア】コニカ,VCSEL向け評価用分光器を出展 2019年11月12日
  • 2030年中国LiDAR市場,6,615億円に 2019年11月05日
  • NEDOプロ,HDマップ支援ツールの開発に着手 2019年10月28日
  • 光響,モバイル3Dレーザースキャナーを発売 2019年10月09日
  • トプコン,LiDAR搭載の測量機器を発売 2019年10月03日
  • パイオニア,自動運転関連の新会社を設立 2019年10月01日