東大ら,蛍光を高度に発現するウイルス作出に成功

東京大学らの研究グループは,緑色蛍光を高度に発現する人工アンビセンス鎖ゲノムをもつ組換えアカバネウイルスを作出した(ニュースリリース)。

畜産業に莫大な被害を及ぼすアカバネ病の効果的な制御法の開発が期待されている。しかし,その開発に必要なアカバネウイルスの病原性発現機構はわかっていない。

アカバネウイルスは,ブニヤウイルス目ペリブニヤウイルス科に属する三分節(L, M, S)のマイナス鎖RNAをゲノムとする。研究グループは過去に,そのうちのS分節に緑色蛍光蛋白質eGFP遺伝子をプラス鎖に搭載した人工アンビセンス鎖をもつ組換えウイルスをリバースジェネティクス法により作出したところ,感染細胞内で蛍光発現を認めた。

しかし,その蛍光はウイルスの感染にやや遅れて発現するため,動物での生体内イメージング(in vivo imaging)解析には適さなかった。

今回の研究では,この蛍光発現のタイムラグを改善するため,プラス鎖に搭載したeGFP遺伝子の転写プロモーターを含むゲノムS分節の5’側非翻訳領域に欠損変異をもつ組換えウイルスを作出,解析したところ,83塩基の欠損変異をもつ変異体(eGFP/38-AKAV)において,培養細胞上の蛍光発現がタイムラグなしに高度に増強することを見つけた。さらに,ウイルスを継代しても蛍光発現は安定に維持されることがわかったという。

次に,組換えウイルスeGFP/38-AKAVの病原性をマウスモデルで調べたこところ,野生型ウイルスと同等以上の致死性が見られた。感染マウスの中枢神経組織(大脳,小脳,延髄など)でも,野生型ウイルスと同等量のウイルス抗原が認められた。一方,実体蛍光顕微鏡で観察することで,蛍光で示される各脳組織におけるウイルス感染部位の局在と分布が明らかになった。

研究グループは今回の研究により,蛍光を高度に発現する組換えウイルスeGFP/38-AKAVが,ウシなどの動物におけるウイルス動態の生体内イメージング解析に応用できることが示されたとし,この組換えウイルスはアカバネウイルスの病原性解析や新規ワクチン開発などアカバネ病制御のための研究に貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • ナイトライドら,LEDでノロウイルスを不活性化 2020年02月18日
  • 北大ら,蛍光強度から2時間で大腸菌数測定 2020年02月14日
  • NEC,蛍光偏光法で唾液中のストレスマーカー測定 2020年02月12日
  • 京大ら,プロジェクション投影応用の手術ガイド開発 2020年02月04日
  • 東大,がんを短時間で検出する蛍光試薬開発 2020年01月29日
  • 徳島大,最小の蛍光標識色素を開発 2020年01月22日
  • 理研ら,高速イメージングで全細胞解析を実用化 2019年12月16日
  • 東工大ら,クライオ蛍光顕微鏡で分子観察 2019年10月15日