宇部エクシモら,シリカ微粒子の水分保持機能を向上

宇部エクシモは,豊橋技術科学大学と共同で,水分保持機能を向上させた高純度シリカ微粒子「ハイプレシカ®」を開発した(ニュースリリース)。

この粒子は,シリカ粒子にシリカとアルミナの複合酸化物を被覆した複合粒子で,飽和吸水状態の粒子を加熱した際の脱水速度を従来品と比較した場合,この粒子は従来品に比べ,脱水速度が遅く,脱水状態となるまで2倍以上の時間を要し,一度吸湿した粒子中の水分が放出され難いという。

2者は,この粒子は粒度分布が非常に狭く,かつ高純度であることから,主用途の液晶ディスプレーパネルのギャップ材以外にも,各種樹脂材料を高機能化するフィラーとして用いられるとしている。

その他関連ニュース

  • 2018年の特殊粘接着・封止材市場,2017年比104.4% 2019年08月07日
  • 北大,レーザー干渉計で宇宙ダストの由来を解明へ 2019年07月01日
  • 市大ら,レーザーで量子渦による粒子運動を解明 2019年05月09日
  • 東大,液体シリカの特異な散乱ピークを解明 2019年03月05日
  • ローム,表示パネル用長寿命白色LEDを開発 2019年02月12日
  • 産総研ら,低温で液相から成形できるLED用ガラスを開発 2018年02月09日
  • 東大,水とシリカの相違について物理的な起源を解明 2018年02月07日
  • 産総研ら,グラフェンに垂直な細孔のサイズを制御 2017年10月13日