JINS,慶應発ベンチャーと近視進行抑制メガネを開発

ジンズホールディングス(JINS)は,近視進行の抑制に効果があると考えられている光「バイオレットライト」について,慶應義塾大学医学部発ベンチャーの坪田ラボと共同プロジェクトを開始する(ニュースリリース)。

近視進行は失明につながる恐れがある疾患。近年,国内の小中学生における裸眼視力1.0未満の割合が過去最高となるなど,視力の低下傾向が顕著になっている。太陽光に含まれるブルーライトよりさらに短い波長360~400nmの領域の紫色の光「バイオレットライト」は,こうした問題を解決する鍵として注目されている。

慶應義塾大学によるヒヨコを用いた基礎研究と,ヒトの臨床研究の両面からの検証により,バイオレットライトは近視の原因である眼軸長の延伸を抑える遺伝子「EGR1(イージーアールワン)」に働きかけ,近視進行を抑制する効果があるとする研究成果が報告されている。

しかし屋内環境において,窓など現在一般に普及しているUVカット機能を備えたガラスはバイオレットライトが透過しないものがほとんど。研究成果によれば,屋内活動が中心になりつつある現代社会では,バイオレットライトを浴びる時間が減り,近視進行の危険性が増していることになる。

同社は,近視,ドライアイ,老眼に革新的なソリューションを研究開発する坪田ラボと,バイオレットライトに関する共同プロジェクトを立ち上げ,世界初となるバイオレットライトを使った近視進行抑制メガネ型医療機器の開発に着手。2020年以降に治験を開始し,製造販売承認取得を目指すという。

この機器は,近視が進行しやすい6歳~12歳の小学生を対象に開発。屋外環境におけるバイオレットライトの放射照度の範囲をもとに,自然な太陽光の照度を忠実に再現する。

フレーム内側に搭載される照射ライトから,小学生が屋外環境に3時間滞在するのと同等量の照度のバイオレットライトを放射,ライトは直接視界に入らず,外側からも見えない構造設計となるほか,自然な見た目で普通のメガネと変わらないデザインを目指し,フレームには子どもにも安心な軽量性・弾力性に優れた素材を使用するとしている。

その他関連ニュース

  • 慶大,都内小学生80%中学生95%が近視と報告 2019年08月20日
  • 慶大ら,クロセチンの小児近視進行抑制を確認 2019年08月09日
  • 2017年国内アイウェア市場,前年比99.6%と微減推移 2019年07月23日
  • 九大病院,網膜色素変性の遺伝子治療を実施 2019年06月24日
  • 九大ら,日本人の定型網膜色素変性の遺伝子を解析 2019年06月19日
  • 慶應ら,クロセチンに近視予防効果を発見 2019年01月23日
  • 東海光学ら,防眩効果を脳反応から客観的に計測 2018年09月03日
  • 慶大,眼鏡でマウス近視モデルを確立 2018年02月26日