理科大ら,イネの細胞でオートファジーを可視化

東京理科大学,公立諏訪東京理科大学,国立遺伝学研究所の研究グループは,イネの花粉への栄養・材料の供給組織である葯(やく:雄しべの先の花粉が入った袋)タペート細胞における,時空間的なオートファジー動態の定量解析手法を開発した(ニュースリリース)。

オートファジーは,真核生物に広く存在するタンパク質や脂質など生体分子の大規模な分解系。最近では,穀物イネの正常な花粉・種子の形成にも必須の役割を果たすことがわかっている。

今回研究グループは,タペート細胞においてオートファジーの誘導過程を可視化するために,タペート細胞で特異的に発現する遺伝子のプロモーターを用いて,オートファゴソーム(オートファジーを担う,細胞内の二重膜に包まれた球状の構造体)の形成に必要なATG8とGFPの融合タンパク質をイネで誘導し,解析を行なった。

その結果,タペート細胞の細胞質特異的にオートファゴソーム様の構造体が観察されるとともに,葯の発達ステージ毎の3次元画像解析から,特定のステージからタペート細胞全体にオートファジーが誘導されることが明らかになったという。

研究グループは今後,多様なイネの葯発達に異常を示す変異体群にこの技術を適用することで,穀物イネの葯発達のしくみや,その過程におけるオートファジーの重要性を明らかにし,さらに,地球環境変動などの要因により,イネの品質や収量の低下が懸念される中で,それを防ぐ新たな技術開発への貢献も期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 北大ら,電気化学酸化反応を可視化 2019年11月11日
  • 東大,「第三の眼」を制御する分子を同定 2019年10月15日
  • 東大,1細胞のみ死滅させる光増感剤を開発 2019年10月09日
  • 埼大,光合成の強光耐性の仕組みを解明 2019年10月02日
  • 山口大ら,気孔開口の制御メカニズムを発見 2019年09月05日
  • 名大ら,炭素線の飛跡を照射中にリアルタイムで画像化 2019年08月09日
  • 理研ら,昆虫細胞で強力に働く遺伝子スイッチを発見 2019年07月29日
  • 筑波大ら,スイマーの動きと水流を可視化 2019年07月10日