コニカミノルタ,画像AI・IoTの連携と開発拠点を開業

コニカミノルタは,関西地区における本格的拠点展開のため,画像AI,画像IoT事業開発および顧客・パートナー企業とのオープンイノベーション推進のための「Innovation Garden OSAKA Front」をグランフロント大阪32階に開設した(ニュースリリース)。

開設したオフィスは,アジャイル開発×オープンイノベーション(オープンコラボレーション)×アクティビティ・ベースド・ワーキング(ABW)=「革新的アイデアの創出」という発想による,アイデアが生まれやすい魅力あるワークプレイスを実現するためのオフィス。地域企業,大学等との産学連携,オープンイノベーションを推進するという。

また,このオフィスの交流エリアでは,地域企業や大学と共に自由な発想で革新的なアイデアを創出できる。集中エリアでは,交流エリアで得たアイデアをオフィスに常駐するコニカミノルタの画像IoT,画像AI人財が即座に開発に反映する等,多様な働き方を選ぶことができるようなゾーニングを有している。

同社の画像AI,IoTを活用したみえないモノをみえる化する技術と事例は,施設入居者様の行動を看える化する「ケアサポートソリューション」,広大な圃場の育成状況を視える化する「リモートセンシング」(ヤンマー×コニカミノルタ連携),店舗での消費者の行動を視える化する「Go Insight(ゴー インサイト)」などがある。

なお,同社は2020年にはJR高槻駅に至近の研究開発拠点(高槻サイト)に「Innovation Garden OSAKA Center」を建設して画像AI,画像IoTコア人財を両拠点に集約,新規,キャリア人財の拡充を進めるとしている。

その他関連ニュース

  • 浜松医大,質量顕微鏡解析の自動化に道 2019年10月23日
  • 京大ら,太陽電池によるIoT環境センサーを開発 2019年10月21日
  • NEDOら,防犯カメラで来店客の行動を分析 2019年10月18日
  • 日本精機,HUD事業の開発拠点を拡張 2019年10月10日
  • KDDIら,映像とセンサー内蔵ボールで選手育成 2019年10月08日
  • 東大,機械学習でゼオライト合成に指針 2019年10月07日
  • 順大,AIで腫瘍性血液疾患を鑑別 2019年10月03日
  • 東大,トモエゴゼンの観測運用を開始 2019年10月02日