正電社,成和技研を吸収合併し「正電成和」に

正電社(古河電工100%出資子会社)は,2019年10月1日付で,成和技研(正電社100%出資子会社)を吸収合併し,会社名を「正電成和」(しょうでんせいわ)に変更する(ニュースリリース)。

正電社および成和技研は,長年に渡り,古河電工グループの情報通信事業における,光ファイバー接続材と,光ファイバー通信網の保守システム製品の製造および販売を担ってきた。

今回の統合により,国内需要が縮小するなか効率的な組織体制を構築し,安定した利益創出と事業継続を目指すという。また,成和技研の業務・商権については,すべて正電成和が継承する。

正電成和は光通信網の接続材(クロージャ・コネクタ等),および保守システム製品の製造および販売を行なう。従業員は約240名(予定),資本金は5,440万円,統合後の売上規模は約60億円/年(予定)としている。

その他関連ニュース

  • NECディスプレイ,シャープとの合弁会社に 2020年03月25日
  • 浜ホト,韓国の画像計測機器事業を強化 2020年03月25日
  • ティー・イー・エム,プロリンクスを吸収合併 2019年12月04日
  • コニカミノルタ,仏プラネタリウム企業を買収 2019年11月27日
  • スタンレー,米AlN基板会社を子会社化 2019年11月26日
  • HOYA,CANDEO OPTRONICSを吸収合併 2019年11月05日
  • HPとシーメンス,産業用AM実現に向け提携を拡大 2019年07月02日
  • 島津製作所,米国の医療機器直販体制を強化 2019年01月09日