古河電工,光ファイバー短時間接続機2種を発売


古河電気工業は,多心光ファイバー融着接続機「S124M8」の販売を開始した(ニュースリリース)。

「S124Mシリーズ」は,超多心の光ケーブル施工が短時間で行なえるよう世界最速レベルの高速動作を実現している。すでに販売を開始している光ファイバーホットストリッパ 「S218R-Plus」および,光ファイバーホルダ「S712-04e」,「S712A-08e」と併せることで,最適な間欠テープ心線の接続ソリューションとなるという。

今回,単心線から4心テープ心線まで接続可能な「S124M4」と単心線から8心テープ心線まで接続可能な「S124M8」の2機種をラインナップした。

この製品の主な特長は以下の通り。
・融着接続13秒,加熱補強14秒の高速動作
・タッチパネルとGUI(グラフィカル ユーザ インターフェース)による簡単操作
・軸ズレ自動矯正支援機構
・Wi-Fi通信端末を使用したリモート操作,データ管理が可能
・リモート操作により不具合発生時の遠隔メンテナンスが可能

その他関連ニュース

  • NICT,1Pb/sの光パススイッチングに成功 2019年10月09日
  • 香川大,空間多重光信号を経済的に転送 2019年10月07日
  • 阪大,安価な原料から重水素を選択的に製造 2019年09月27日
  • NEDOら,シリフォトで16多重小型光回路を開発 2019年09月24日
  • 府大ら,光ファイバーで高温設備監視実現へ 2019年09月19日
  • 光ファイバー製造装置,未来技術遺産に登録 2019年09月05日
  • 古河電工,光ファイバー短時間接続機を発売 2019年07月16日
  • 玉川大,1,000kmのY-00暗号通信に成功 2019年05月10日