茨城大,LiDARで遺跡の巨大な土台を確認

茨城大学の研究グループは,グアテマラのセイバル遺跡においてマヤ文明初期の巨大基壇(建物の土台)の姿を航空レーザー測量(LiDAR)と発掘調査で確認し,セイバル最大の巨大基壇が,王権が成立する前に建造されたという重要な成果を得た(ニュースリリース)。

今回,LiDARと発掘調査によって,遺跡中心部の「グループA」という建造物群においてセイバル最大の巨大基壇の姿を確認した。この基壇は南北600m,東西340mの長方形で,高さは15mに及び,かつてはその上に神殿ピラミッドや中小の基壇が建てられていた。

また,発掘調査によって,巨大基壇の約8割が先古典期(前1000~後200年)に建造・増改築されたことがわかった。その盛り土の総体積は約70万m3に及ぶ。セイバル遺跡の全ての神殿ピラミッドの体積は,巨大基壇の1割ほどにしか過ぎず,セイバルの共同体の形成過程において,初期の公共建築の建設活動は従来考えられていたよりもはるかに盛んであったと考えられるという。

セイバル最大の公共建築であった巨大基壇は,古典期(後200~1000年)ではなく先古典期に建造された。マヤ文明初期では,巨大基壇の水平性が際立っているが,これは,社会階層がまだ発展途上で,非排他的な交流が可能な水平的な空間が好まれたからと考えられる。

対照的に古典期マヤ文明の神殿ピラミッドは王権を象徴し強化する政治的道具で,水平性よりも垂直性が強調された。ピラミッド状基壇の上の神殿へのアクセスは排他的であり,王など一部の支配層に限られたという。このことから,研究グループはセイバル最大の巨大基壇は,王権が成立する前に建造されたものだといえるとしている。

その他関連ニュース

  • 光響,モバイル3Dレーザースキャナーを発売 2019年10月09日
  • トプコン,LiDAR搭載の測量機器を発売 2019年10月03日
  • パイオニア,自動運転関連の新会社を設立 2019年10月01日
  • 東陽テクニカ,視野角を広げた新型LiDARを発売 2019年09月26日
  • OUSTER,画像も撮れるLiDARに長距離モデル追加 2019年09月12日
  • 台湾Artilux,レーザー3Dセンシング新技術を発表 2019年09月03日
  • ソニーら,窓をディスプレーにしたエンタメ車両を開発 2019年08月22日
  • ネクスビジョン,独製LiDARとソリューションの提供開始 2019年08月20日