2021年,300mmファブ製造装置投資額は600億ドル

SEMIは,9月3日(米国時間),300mmファブの製造装置投資額が,2019年は減少するものの2020年に緩やかに回復し,2021年には600億ドルと過去最高記録を更新するとの予測を発表した(ニュースリリース)。

この予測は,SEMIが発行した最新の「300mm Fab Outlookレポート」に基づくもの。これによると,投資額は2022年に一度減少するが,2023年には再び増加に転じるとしている。

2019年から2023年の5年における製造装置への投資増分の大半は,メモリー(主にNAND),ファウンドリ/ロジック,パワー半導体製造用となる。地域別の投資額では,韓国が首位となり,台湾および中国が続くが,ヨーロッパ/中東,東南アジアも順調に拡大すると予想する。

また,稼働中の半導体ファブ/ラインの数は,2019年の130から2023年の170と30%以上急増する見込み。実現性の低いファブ/ライン計画も含めると,200近くにまで増加するとしている。

その他関連ニュース

  • NAISTら,半導体に最適なグラフェンリボンを実現 2020年06月25日
  • キヤノン,解像力1.0μmの露光装置を発売 2020年06月24日
  • 東工大,ダメージレスのステルスダイシングを実現 2020年06月23日
  • 阪大ら,最高性能の半導体スピン伝導素子を実証 2020年06月22日
  • 東北大ら,長寿命スピンの結晶方向を発見 2020年06月17日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は過去最高に 2020年06月10日
  • 東北大ら,高品位GaN単結晶基板の量産法開発 2020年06月02日
  • 青学,高性能p型酸化物半導体薄膜の合成法確立 2020年05月25日