中大ら,視覚抑制機構の発達過程を解明

中央大学と日本女子大学の研究グループは,生後6ヶ月未満の乳児は,老人と同じように広い領域の動きを知覚するのが得意であることを明らかにした(ニュースリリース)。

大人では,広い領域の動きの方が,狭い領域の動きよりも知覚し難いことが知られている。これは周辺抑制という視覚神経細胞が持つ抑制メカニズムを反映した知覚現象であると考えられている。この抑制機能は老化によって低下し,その結果,高齢者では広い領域の動きを若年者よりもむしろよく知覚できる。しかし,このような知覚現象が乳児でも見られるかはこれまで検討されていなかった。

乳児は,新しいものを好んでよく見るという傾向を持っている。したがって,繰り返し見て飽きた方向の動きと新しい方向の動きへの注視時間を比較して,どのくらい新しい動きを長く注視していたかを調べることにより,2つの運動方向の違いがどの程度認識できていたかを知ることができる。

研究グループは,生後3ヶ月から8ヶ月までの乳児を対象に,縞模様が左右いずれか一方に動く映像を飽きるまで繰り返し見させた後,左右それぞれに動く縞模様を画3面の左右に同時に提示して,それぞれの動きへの注視時間を測定し,運動知覚能力を調べた。

その結果,生後6ヶ月以上の乳児では,大きい縞模様より,小さい縞模様の方が,運動方向の違いをよく認識でき,大人と同様の現象が乳児でも見られることがわかった。

また,生後6ヶ月未満の乳児では,大きい縞模様の方が運動方向をよく認識でき,大人とはまったく逆の傾向を示した。生後6ヶ月未満では,広い領域の運動知覚が得意だが,6ヶ月以降になるとこの能力が失われ,逆に狭い領域の運動知覚が得意になることが明らかになった。

この結果は,周辺抑制の神経メカニズムが生後6ヶ月頃に獲得されることを示し,これまで知られていなかった視覚抑制メカニズムの初期発達過程が明らかになったという。研究グループは,周辺抑制の機能は,自閉症患者においても低下していることが示され,今回の研究の知見は,発達,老化に加えて,自閉症の脳の発達メカニズムの新たな側面の解明につながることが期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 愛知医科大ら,眼圧リズムの制御構造を解明 2020年03月27日
  • 阪大ら,眼の分化誘導に有用なiPS細胞作製 2020年03月27日
  • ニデックの自家培養角膜上皮,製造販売承認 2020年03月05日
  • 広島大ら,光を感知する超分子構造形成に新知見 2020年02月18日
  • 東大,二光子イメージングでマウスが見た画像再現 2020年02月18日
  • HOYAら,12盲学校に暗所視支援眼鏡を贈呈 2020年01月28日
  • 兵庫医科大,低侵襲白内障レンズ手術を開発 2019年11月22日
  • 阪大,網膜変性疾患の治療薬開発に新知見 2019年11月11日