山本金属製作所,3Dプリンター向け評価サービス提供

山本金属製作所は同社が開発した4連式回転曲げ疲労試験機と残留応力計測手法を使った「金属積層造形材料評価試験サービス」を提供している(製品ページ)。

3Dプリンターを用いた金属積層造形技術は,鋳造や鍛造での製作が難しい造形を実現するための手法として実用化が期待されているが,使用する金属材料の特性を調査・評価する方法が課題となっていた。

4連式回転曲げ疲労試験機「GIGAQUAD®」は4連式採用により,効率的で高い再現性を実現した試験機。4本の試験片を同時に試験できるため,データ収集が早く,効率的なS-N曲線作成が行なえる。腐食環境ユニット・高温環境ユニットを用いて,実際に金属が使用される環境を想定した試験も実施可能だとしている。

また,このサービスでは,厚板内部まで計測できる残留応力計測手法「MIRS®法」によって,100mm以上の厚板内部の残留応力測定も行なえる。これは,トレパニングによる応力開放前後の穴径変化から残留応力を導く極めてシンプルな計測手法で,計測可能板厚は4~200mmだという。

同社では,試験片製作から受託試験まで一貫して対応するとしている。

その他関連ニュース

  • 九大,複雑形状シリカガラスを3Dプリント 2019年10月16日
  • 電通大,磁場で量子化した固体電子エネルギーを決定 2019年10月11日
  • 金沢大ら,色素を塗るだけでスピン変換を実現 2019年09月13日
  • 三菱電機,電子ビーム金属3Dプリンターを発売 2019年08月28日
  • 東工大,原子スイッチの金属フィラメントを観測 2019年07月23日
  • 京大ら,X線で金属の凝固過程をリアルタイム観察 2019年07月19日
  • 岡山大ら,レーザーで天王星磁場の起源を解明 2019年07月16日
  • 長野工技センター,金属積層造形技術研究会を開催 2019年07月10日