オンセミ,イメージセンサで車内をモニタリング


米オン・セミコンダクターは,ベルギーで開催中の「AutoSensカンファレンス」で,運転者のモニタと搭乗者のモニタ機能を含む,「完全に統合された車内モニタシステム」のデモを行なった(ニュースリリース)。

デモは,同社の1MPグローバルシャッタ・イメージセンサ「AR0144AT」と,3つの「2.3MP RGB-IRイメージセンサ」を使用。このマルチカメラシステムは,リアルタイムで高品質なRGB-IRビデオを処理する米アムバレラの「CV2AQ」(System on Chip)および,複雑な身体と顔の分析,搭乗者の行動のモニタ,および物体検出を実行する米アイリスのAIソフトウェアを活用している。

運転者と搭乗者をモニタするアプリケーションは,直射日光から真っ暗な状態までのさまざまな照度で画像をキャプチャする能力が必要となる。「RGB-IRイメージセンサ」は,3.0μmの背面照射(BSI)と3露光HDRを用いてフルHD1080pを実現するとともに,優れたNIR応答性を備えている。RGBおよびIR光の両方に感受性があり,昼間のカラー画像と,NIR照明を用いたモノクロ画像の両方をキャプチャできるという。

人の存在を検出する車の安全システムは,次世代の機能として非常に重要なものとなる。同社は,センサ,プロセッサ,ソフトウェア企業間の連携することは,車内モニタシステムの性能を最適化し,市場投入時間を短縮するために不可欠だとしている。

その他関連ニュース

  • 浜松医大,質量顕微鏡解析の自動化に道 2019年10月23日
  • ソニーら,窓の無いエンタメ車両サービス開始 2019年10月21日
  • NEDOら,防犯カメラで来店客の行動を分析 2019年10月18日
  • 日立,軌道を正確に追従走行する技術を開発 2019年10月16日
  • 産総研ら,赤外域スマートウィンドウ材を高速合成 2019年10月16日
  • 日立,危険予知する自動運転技術を開発 2019年10月16日
  • パナ,AR-HUDと無人駐車システムを開発 2019年10月11日
  • 三菱,センサー搭載の自動車キャビン開発 2019年10月09日