ルミネックス,周波数ロックレーザー発売


ルミネックスは,米Wavelength References製の周波数(波長)ロック半導体レーザー「Clarity」,「ClarityPlus」の販売を開始した(製品ページ)。

「Clarity」はレーザー発光を分子吸収線に固定(ロック)する。半導体レーザーを駆動させる独自の構成は物理定数に基づく優れた周波数安定性を生み出し,それにより一次周波数標準器となるという。

「ClarityPlus」はCバンド全域に対応したチューナブルレーザー。内蔵されているNIST規格の分子吸収線のリファレンスセル(H13C14N)によってバンド域内のあらゆる波長において非常に高い精度と安定性を実現する。50以上の基準線を0.1pm以下の絶対精度でロックできる「Reference mode」と,Cバンド内の任意の波長(ガス吸収線付近による)にセットできる「Wavelength/ITU mode」の2種類があるとしている。

その他関連ニュース

  • 浜ホト,テラヘルツ半導体レーザーを実現 2019年11月13日
  • 【光フェア】SQL,可視・共鳴ラマンイメージングシステムを展示 2019年11月13日
  • コヒレント,2光子顕微鏡向けレーザーを発売 2019年11月07日
  • 名大ら,電流注入で最短波長深紫外レーザー発振 2019年11月06日
  • 光響,Tiサファイアレーザーキットを発売 2019年10月15日
  • QDレーザ,レーザーアイウェア後継機を発表 2019年10月15日
  • 青学ら,レーザーでトポロジカル相転移を実現 2019年10月08日
  • ルミネックス,選択が容易な波長セレクターを発売 2019年10月07日