パイオニア,自動運転関連の新会社を設立

パイオニアは,自動運転関連事業を担うスマート&オートノマスモビリティ事業グループの事業活動を承継する新会社「パイオニア スマートセンシングイノベーションズ」を新設分割により10月1日付で設立した(ニュースリリース)。社長には高木晴彦氏が就任する。

新会社は,資本金100百万円(パイオニア100%),業務内容は光学装置,電子装置,機械,ソフトウェア,器具の企画,研究,開発,製造,制作および販売。3D-LiDARセンサーを核としたセンシング技術を軸に,パイオニアグループの自動運転関連事業をさらに推進していくとしている。

パイオニアは,2020年以降の本格的な量産を目指し,MEMSミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進めている。同社は,昨年より2018年モデルを提供するとともに,3D-LiDARセンサーを活用した「物体認識アルゴリズム」および「自車位置推定アルゴリズム」の開発を行なっている。

その他関連ニュース

  • ST,ToF測距センサーの累積出荷数10億個に 2019年12月06日
  • パイオニア子会社,「MONET コンソーシアム」に参加 2019年12月04日
  • 東京モータショーに見る自動車照明の未来 2019年11月20日
  • PSSIら,自動運転バスのデモを実施 2019年11月15日
  • 【光フェア】コニカ,VCSEL向け評価用分光器を出展 2019年11月12日
  • 2030年中国LiDAR市場,6,615億円に 2019年11月05日
  • 駐車支援/自動駐車システム,2030年は5,330万台に 2019年10月30日
  • NEDOプロ,HDマップ支援ツールの開発に着手 2019年10月28日