2019年度「C&C賞」に,安田靖彦氏と羽鳥光俊氏

NEC C&C財団は,2019年度の「C&C賞」受賞者2グループ3名を決定した(ニュースリリース)。

本年度の受賞者は,今日のインターネット社会に欠かせない画像や映像によるコミュニケーションを実現する研究開発とインターネットシステムを支える安定的で自律性の高い分散コンピューティングシステムの実現にそれぞれ貢献のあった二つのグループ(A,Bグループ)に決定した。

Aグループは,安田靖彦氏(東京大学名誉教授,早稲田大学名誉教授)と,羽鳥光俊氏(東京大学名誉教授,国立情報学研究所名誉教授)。2名は,デジタル放送やインターネット,SNS等における画像や映像を通じたコミュニケーションを実現する効率的で使い勝手のよい画像符号化伝送技術の研究開発や普及に長年貢献したことが評価された。

安田氏は,1960年代からデルタ・シグマ変調,G2/G3ファクシミリ符号化,階層的画像符号化などの研究や提案を通じ,現在の情報通信工学の発展に寄与する先駆的な功績を多数挙げてきた。さらに同氏は長年にわたり学会や各種審議会の会長職やデジタル放送システムの規格策定の先導等の活動を通じ,情報通信工学の発展や実用化,そして普及といった多方面にわたる功績を残している。

羽鳥氏は,将来のテレビジョン信号,テレビ電話,テレビ会議などといった動画像における高効率符号化の重要性を予見し,その黎明期から研究活動に従事してきた。現在の動画像高効率符号化技術の基礎となる多数の研究成果と功績を残している。また同氏は,映像信号処理の基礎的研究に加え,実用化や標準化を担う組織においても指導的役割を果たしてきた。

グループB受賞者のレスリー ランポート氏(マイクロソフト リサーチ ディスティングイッシュド サイエンティスト)は,分散コンピューティングシステムで課題となる同期の問題を解決する多数のアルゴリズム群を提示し,その発展に功績があったとしている。

C&C賞は1985年に創設され,情報処理技術,通信技術,電子デバイス技術,およびこれらの融合する技術分野の開拓または研究,この分野の進歩がもたらす社会科学的研究活動に関し,顕著な貢献のあった方に授与されるもの。この賞の受賞者には,賞状,賞牌および賞金(各グループ1,000万円)が贈られる。

なお表彰式典は,11月27日に東京プリンスホテルにおいて開催する。同式典では,贈呈式に続き,受賞者の記念講演が行なわれる。

その他関連ニュース

  • シャープ,5Gで新幹線へ8K映像を伝送 2019年09月30日
  • 日立,光トポグラフィで山崎貞一賞を受賞 2019年09月27日
  • ソニー,手術映像の管理・活用システムを発売 2019年09月04日
  • パナ,天窓から空を望むような照明を開発 2019年07月16日
  • NEC,生体認証・映像分析事業を強化 2019年06月21日
  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日