KDDIら,映像とセンサー内蔵ボールで選手育成

KDDI,KDDI総合研究所,スマートフォン向けソリューションのアクロディアは,スマートフォンなどのカメラで撮影したスポーツ選手の映像から手や足の指先を含む骨格の動きを認識するスポーツ行動認識AIと,センサー内蔵型ボールからスマートフォンで取得したデータを活用し,選手の技術向上に役立てることができる,アスリート育成支援システムを開発した(ニュースリリース)。

これまでKDDIとKDDI総合研究所は,単眼カメラの映像からスクワットなど31種類のトレーニング動作や姿勢を認識する「宅内行動認識AI」に加え,指先を含む骨格などの動きやボールを捉え,パスやキャッチなどの基本動作を認識する「スポーツ行動認識AI」の開発を進めてきた。

今回のシステムは,スポーツ行動認識AIを活用しスマートフォンで撮影した競技者の映像から,65カ所の骨格点を抽出して競技者の動きを捉え,フォームや身体の使い方を認識し,分析することが可能となる。

加えて,アクロディアが開発したセンサー内蔵型ボールを使い,ボールの速度や回転数,回転軸などのデータと競技者の動きを組み合わせ,競技者の動きがボールに与える影響などを分析し,フォームの改善点などをアドバイスすることが可能となるという。

アクロディアとKDDIは,2019年7月9日より,センサー内蔵型ボールなどのIoTデバイスから取得したデータを活用し,選手の技術向上に役立てることができる,スポーツIoTプラットフォーム「athleːtechTM」(アスリーテック)の提供およびアスリーテック上に蓄積されるデータを活用した,スポーツテックサービスを開始した。

今後3社は,5G時代を見据えて,大容量の動画コンテンツの活用や,蓄積されたデータを利用したオンラインコーチング,ケガの予兆検知など,アスリートを全般的にサポートする情報提供が可能な環境の整備や,今回のシステムのアスリーテックへの導入の検討を進めていくとしている。

その他関連ニュース

  • 浜松医大,質量顕微鏡解析の自動化に道 2019年10月23日
  • 京大ら,太陽電池によるIoT環境センサーを開発 2019年10月21日
  • NEDOら,防犯カメラで来店客の行動を分析 2019年10月18日
  • 東大ら,赤外カメラで金星の雲を可視化 2019年10月17日
  • 東大,機械学習でゼオライト合成に指針 2019年10月07日
  • 順大,AIで腫瘍性血液疾患を鑑別 2019年10月03日
  • KDDI,青色LED光無線で海中のスマホと通信 2019年10月03日
  • 東大,トモエゴゼンの観測運用を開始 2019年10月02日