ジェピコ,農業向けマルチスペクトルカメラを発売


ジェピコは,米MicaSenseの農業向けマルチスペクトルカメラ「RedEdge-MX Blue」の販売を開始した(ニュースリリース)。

MicaSenseの農業向けマルチスペクトラルカメラ「RedEdge-MX」と合わせて使用できるデュアルカメラシステム。より高度なリモートセンシングと,農業研究向けの10バンド取得可能な次世代型マルチスペクトラルカメラだとしている。

この製品は衛星LandsatおよびSentinelのデータと類似した帯域を取得する。新たにエアロゾルバンドを取得することから,沿岸部分や浅瀬の海洋研究にも役立てることが可能になったという。

この製品の主な特長は以下の通り。
・「RedEdge-MX」と重複しない狭帯域5バンドを取得
・「RedEdge-MX」と組み合わせることで,1度の飛行で10バンドを撮影可能
・カメラを2つ使用する際も,DLSは1つのみ使用
・Pix4Dやメタシェイプなどのソフトウェアとの互換性あり

その他関連ニュース

  • 東北大ら,イネの光合成機能増強で3割増収 2020年02月19日
  • ams,上位スマホ向け環境光センサーを発表 2020年02月18日
  • 千代田電子,赤外線果実非破壊測定器を発売 2020年01月15日
  • セイコーエプソン,小型・軽量の分光カメラ開発 2019年12月11日
  • 光波ら,赤色LEDによる害虫防除マニュアル公開 2019年12月04日
  • 理研ら,3ピコ秒で進む分子構造変化を追跡 2019年11月28日
  • 山形大ら,AIで新たなナスカ地上絵を発見 2019年11月19日
  • 【光フェア】トプコンテクノ,ディスプレー向け分光放射計を展示 2019年11月14日