京大ら,太陽電池によるIoT環境センサーを開発

京都大学,リコー電子デバイス,ニチコンの研究グループは,世界初フィルム型ペロブスカイト太陽電池を活用した自立電源型IoT環境センサーシステムを開発した(ニュースリリース)。

今後,IoTエッジ端末市場は大きく発展し,さまざまな状況で活用されることが予測される。IoTエッジ端末を商用電源に接続して使う場合は問題ないが,電源を確保できないところに設置する場合には,必ず蓄電デバイスが必要となる。

蓄電デバイスとして多くの場合に一次電池が使用されているが,耐用年数が短いために定期的に交換しなければならないという課題がある。その課題に対して,蓄電デバイスを充電可能な二次電池に変更し,光・温度・振動・電波などのエネルギーを電気に変換するエナジーハーベストと一緒に搭載することで自立化し,メンテナンスフリーにすることが可能となる。

今回の研究では,京都大学が開発したフィルム型ペロブスカイト太陽電池,リコー電子デバイスの電源IC,ニチコンの小形リチウムイオン二次電池を使用した,自立電源型IoT環境センサーシステムを構築することに成功した。

このシステムは,フィルム型ペロブスカイト太陽電池で発電した電気を,エナジーハーベスト用低消費電流降圧DC-DCコンバータで降圧し,小形リチウムイオン二次電池に蓄電する。

そして,蓄電したエネルギーを低消費電流昇降圧DC-DCコンバータで昇降圧し,温度,湿度,気圧,照度を測定できるセンサーと無線モジュールを駆動させることで,センサーが感知した情報をBluetooth(BLE)で送信し,データ収集ができるという。

研究グループは,このシステムによって,スマートホームやスマート農業などIoTを活用した仕組みがますます普及することが期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • 名大ら,高感度・高応答水素センサー素子開発 2020年02月21日
  • 三井化学ら,ロボット用光学圧力センサーを開発 2020年02月20日
  • ams,上位スマホ向け環境光センサーを発表 2020年02月18日
  • 名大ら,導電性高分子における熱電変換機構を解明 2020年02月17日
  • カネカのシースルー太陽電池,国立競技場に採用 2020年02月14日
  • 千葉大,光触媒式太陽電池の性能向上の鍵特定 2020年02月04日
  • 阪大ら,世界最薄膜の磁気センサーシステム開発 2020年01月30日
  • 東北大,光周波数帯で作動するダイオード実現 2020年01月28日