HOYA,CANDEO OPTRONICSを吸収合併

HOYAは10月29日,代表執行役決定により,2020年1月1日を効力発生日(予定)として,同社完全子会社であるHOYA CANDEO OPTRONICS(以下「CANDEO」)を吸収合併すると発表した(ニュースリリース)。

これまで同社グループのオプティクス事業部門が主力としてきたデジタルカメラ用レンズ市場が縮小する一方,監視用カメラや車載用カメラに象徴される新たな事業領域への広がりが活発化している。

このような状況下,HOYAオプティクス事業部門の光学ガラス・レンズに関する技術・ノウハウと,CANDEOの持つ光学・ホトニクス分野の様々な製品群や顧客ネットワークをより緊密に連携し組織を統合することにより,双方の強みを生かしてシナジーを創出し新たな市場の開拓・製品の開発を積極的に行なっていくとしている。

その他関連ニュース

  • 正電社,成和技研を吸収合併し「正電成和」に 2019年08月26日
  • 産総研ら,99.5%以上の光を吸収するシートを開発 2019年04月24日
  • 島津製作所,米国の医療機器直販体制を強化 2019年01月09日
  • 京大ら,可視光下で物体表層の光の伝搬過程を可視化 2018年09月10日
  • 京セラ,光学系子会社を吸収合併 2018年05月29日
  • ウシオライティング,減資と共にマックスレイを吸収合併 2018年02月28日
  • ショット,東京と滋賀の2社を統合 2018年02月01日