プラス,室内照明対応IoTシートを開発

総合事務用品メーカーのプラスは,座席管理システム「Suwary(スワリー)」が,世界で初めて室内照明で発電するIoTシートに対応し,商用化に向けた実証実験を開始するとを発表した(ニュースリリース)。

室内照明で発電するIoTシートは,帝人,東大発ベンチャーセルクロス,タグキャストが共同開発した「PaperBeacon」に,シャープが開発した世界最高レベルの発電効率を実現した色素増感太陽電池を電源に採用したビーコンモジュールを搭載した。屋内の非常灯の下など50 lx程度の暗所でも安定して動作するという。

「PaperBeacon」は,表面数cm上に強い電波を発する薄型ビーコンで,デスクやテーブルに取り付けるだけで,簡単に既設の家具をIoT化することができる。「Suwary」は,独自に開発したアプリと,この「PaperBeacon」を組み合わせることにより,オフィスにおける多様な働き方をサポートする座席管理システム。

現在は乾電池を電源とする「PaperBeacon」を使用しているが,今回の実証実験では,室内の照明で発電する色素増感太陽電池を電源とする「PaperBeacon」を採用し,電池交換が不要になり,そのメンテナンスから解放される。

プラスでは同社ショールーム「+PLUS(プラス プラス)」で開催される,オフィス家具の新製品をご紹介する展示会「PLUS Furniture Fair 2020」の後半2日間,11月7日(木),8日(金)に「Suwary(スワリー)」の展示を行ない,室内照明発電「色素増感太陽電池」を搭載した「PaperBeacon」も参考出品するとしている。

その他関連ニュース

  • カネカの太陽電池,トヨタの自動運転車に採用 2020年08月03日
  • フジクラ,色素増感太陽電池製品群を拡充 2020年07月28日
  • OIST,長寿命ペロブスカイト太陽電池を開発 2020年07月21日
  • NEDOら,最高変換効率PVパネルをEV用に 2020年07月06日
  • フジクラの熱中症IoT,色素増感太陽電池を採用 2020年06月29日
  • NEDO,革新的センシングデバイス開発に着手 2020年06月22日
  • 京大ら,スズ系ペロブスカイト半導体膜を作製 2020年06月17日
  • 産総研ら,セレン化銀でn型熱電変換材料開発 2020年05月29日