光響,フェムト秒レーザー加工キットを発売

光響は,「フェムト秒レーザー加工システムキット」の販売を開始した(製品ページ)。

光学部品・マウント類とプラットフォームで構成されたキットで,安定度の高いフレームに光学部品を配置し,部品・素材の精密加工,レーザー顕微鏡等の分野で利用できるという。

ユーザーの要望をベースに設計・部品が選定でき,各種要望に柔軟に応える融通性がある。同社から販売中の「各種発振器キット(FL-MLシリーズ)」,「加工用フェムト秒レーザーシリーズ」と組み合わせた利用も可能。また,ナノ秒・ピコ秒レーザーでも利用可能だとしている。

この製品の主な用途は以下の通り。
・内部加工
・微細加工
・レーザー顕微鏡

その他関連ニュース

  • 浜ホト,世界最高の耐光性能を持つSLM開発 2020年07月02日
  • NEDOプロ,レーザーの銅コーティングを6倍速に 2020年07月01日
  • 東工大,ダメージレスのステルスダイシングを実現 2020年06月23日
  • マウザー,オスラムの高出力レーザー2種を販売 2020年06月16日
  • 宇大ら,自己修復するレーザー加工装置を開発 2020年06月16日
  • JST,レーザー樹脂溶着の開発を成功と認定 2020年06月15日
  • 早大ら,アト秒レーザーで量子制御法を解明 2020年06月12日
  • スカパーら,宇宙ごみをレーザー除去する衛星開発 2020年06月12日