光響,フェムト秒レーザー加工キットを発売

光響は,「フェムト秒レーザー加工システムキット」の販売を開始した(製品ページ)。

光学部品・マウント類とプラットフォームで構成されたキットで,安定度の高いフレームに光学部品を配置し,部品・素材の精密加工,レーザー顕微鏡等の分野で利用できるという。

ユーザーの要望をベースに設計・部品が選定でき,各種要望に柔軟に応える融通性がある。同社から販売中の「各種発振器キット(FL-MLシリーズ)」,「加工用フェムト秒レーザーシリーズ」と組み合わせた利用も可能。また,ナノ秒・ピコ秒レーザーでも利用可能だとしている。

この製品の主な用途は以下の通り。
・内部加工
・微細加工
・レーザー顕微鏡

その他関連ニュース

  • NEDOら,8W深紫外ピコ秒パルスレーザー開発 2020年03月19日
  • セブンシックス,光パラメトリック増幅器を発売 2020年03月18日
  • 量研,狭空間向け管内レーザー溶接技術開発 2020年03月03日
  • SP,フェムト秒ファイバーレーザーを発表 2020年02月20日
  • 理研,タンパク質の3Dプリンティング技術を開発 2020年01月08日
  • 国際ロボット展に見る「光技術とロボット」 2019年12月20日
  • ダイヘンら,レーザー・アーク溶接システムを発売 2019年12月09日
  • 光響,極微細用レーザーマーカーを発売 2019年12月04日