【光フェア】DigiLens,ARグラスをデモ

米DIGILENSは,光とレーザーの科学技術フェア(11月12日~14日 科学技術館)において,ARグラスおよびARグラスを装着したスマートヘルメットの展示を行なっている。

同社はシリコンバレーに居を置くARグラスの開発企業。今回,通常の眼鏡型のARグラスの他,BMW製のヘルメットに組み込んだタイプでツーリングしながら計器類やナビを表示するデモを行なっている。ヘルメットにはマイクが組み込まれ,音声によって表示を切り替えることができる。

同社のARグラスはLEDを光源とし,ナノオプティカル構造を持った光導波路によりレンズ上にWVGA(850×480)のフルカラー像を片側のレンズに表示する。FOVは30°,輝度は3500nitsとなっている。

ラインナップとして,ディスプレーのみのコンシューマータイプと,カメラやマイク,スピーカーを組み込んだ,産業用タイプの2種を用意する。軽量・低価格をセールスポイントとしており,コンシューマータイプは85gで価格は150ドル,産業用タイプは499ドルとしている。

同社は三菱ケミカルから出資を受けており,開発も共同で行なっている。日本国内でも近いうちに本格的な販売活動を始めるほか,スマートヘルメット向けとして日本国内の二輪車メーカーともコンタクトしているという。

その他関連ニュース

  • 横国大ら,新生児用高密着バイタルセンサー開発 2020年01月22日
  • 東大ら,生体認証用シート型イメージセンサー開発 2020年01月21日
  • 広島大ら,フッ素原子ポリマーでOPVを効率化 2020年01月14日
  • パナ,世界初HDR対応のVRグラス開発 2020年01月07日
  • ボッシュ,次世代スマートグラスモジュールを公開 2019年12月25日
  • 2023年ウェアラブル用導電性材料市場,23.8倍の19億円 2019年12月11日
  • NIMSら,導電性を制御可能なナノシート材料を開発 2019年12月11日
  • 名大,伸縮性発電シートでLEDを点灯 2019年11月25日