PSSIら,自動運転バスのデモを実施

パイオニアスマートセンシングイノベーションズ(PSSI)と群馬大学の研究グループは,11月21日から名古屋市で開催される「あいちITSワールド2019」において,自動運転バスの自動走行および同社製3D-LiDARセンサーによる周辺検知のデモンストレーションを行なう(ニュースリリース)。

研究グループは,将来的な自動運転に関連するサービスの提供を視野に,同社製3D-LiDARセンサーと群馬大学が保有する自動運転バス車両を用いた実証実験を,2019年6月より行なっている。

この実証実験では,複数台の3D-LiDARセンサーを自動運転バス車両に搭載し,さまざまな環境下における3D-LiDARセンサーの周辺検知性能や,そのデータを活用した物体認識アルゴリズムについて評価,検証を行なう。

そこで得られた検証結果については,2020年以降の本格的な量産を目指している同社製3D-LiDARセンサーおよびアルゴリズムの開発へフィードバックする予定だという。

「あいちITSワールド2019」において行なうデモンストレーションでは,イベント会場の駐車場で自動運転バスによる自動走行を体験してもらうとともに,同社製3D-LiDARセンサーで周辺を検知する様子を車内のディスプレーで見られるという。

併せて,会場内の群馬大学ブースでは,同社製3D-LiDARセンサーをはじめ,自動運転に関連するさまざまな技術を紹介する。

その他関連ニュース

  • ST,ToF測距センサーの累積出荷数10億個に 2019年12月06日
  • パイオニア子会社,「MONET コンソーシアム」に参加 2019年12月04日
  • 東京モータショーに見る自動車照明の未来 2019年11月20日
  • 【光フェア】コニカ,VCSEL向け評価用分光器を出展 2019年11月12日
  • 2030年中国LiDAR市場,6,615億円に 2019年11月05日
  • 駐車支援/自動駐車システム,2030年は5,330万台に 2019年10月30日
  • NEDOプロ,HDマップ支援ツールの開発に着手 2019年10月28日
  • 東芝,単眼カメラで高精度測距するAIを開発 2019年10月28日