シリコンウエハー出荷面積,4四半期連続で減少

SEMIは,11月12日(米国時間),2019年第3四半期(歴年)の世界シリコンウエハー出荷面積が4四半期連続で減少し,2019年第2四半期の29億8,300万平方インチと比べて1.7%減少,29億3,200万平方インチとなったことを発表した(ニュースリリース)。

これは前年同期比で9.9%の減少となる。継続している地政学的な緊張と全体的な景気減速が,今年のシリコン需要にマイナスの影響を与えているという。

この発表で用いている数値は,ウエハーメーカーよりエンドユーザーに出荷された,バージンテストウエハー,エピタキシャルウエハーを含むポリッシュドウエハーと,ノンポリッシュドウエハーを集計したもの。

■ 半導体用シリコンウエハー*  出荷面積動向 (百万平方インチ

四半期 2018年
第1四半期
2018年
第2四半期
2018年
第3四半期
2018年
第4四半期
2019年
第1四半期
2019年
第2四半期
2019年
第3四半期
出荷面積 3,084 3,160 3,255 3,234 3,051 2,983 2,932

(出展:SEMI 2019年11月)
* 半導体用のシリコン以外は含まず

その他関連ニュース

  • DNP,5nmプロセス向けフォトマスク技術を開発 2020年07月13日
  • NAISTら,半導体に最適なグラフェンリボンを実現 2020年06月25日
  • キヤノン,解像力1.0μmの露光装置を発売 2020年06月24日
  • 阪大ら,最高性能の半導体スピン伝導素子を実証 2020年06月22日
  • 東北大ら,長寿命スピンの結晶方向を発見 2020年06月17日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は過去最高に 2020年06月10日
  • 青学,高性能p型酸化物半導体薄膜の合成法確立 2020年05月25日
  • 京大,半導体ナノ粒子の光学利得を向上 2020年05月13日