東京モータショーに見る自動車照明の未来

2019年10月24日〜11月4日,東京モーターショーが東京国際展示場にて開催された。前回は自動運転が大きなトピックスであったが,今回は「CASE」(Connected,Autonomous,Shared,Electric)が注目され,トヨタが実車ではなくコンセプトカー中心の展示としたことも話題となった。こうした近未来の自動車技術に光技術はどう利用されるのか。ここでは会場で見た照明など光技術の動向について報告する。

小糸のLiDAR組込み型ヘッドランプユニット

ヘッドランプ組込み型LiDAR
自動運転においてLiDARの搭載位置は悩ましい問題の一つだ。周囲360°を監視するために,車体周囲に複数のLiDARを設置することが検討されているが,自動車の外観をスマートに見せかつ雨や雪,汚れに強いLiDARの設置場所として,ヘッドランプメーカーはヘッドランプユニットへの内蔵を提案している。

小糸製作所はかつてよりLiDARメーカーとの協業を進めており,これまで米Cepton Technologies米Quanergy Systemsとの協業を発表してきている。そして今回,独Blickfeldの開発するソリッドステートLiDARをヘッドランプユニットに組み込むためのモジュールの試作品を展示した。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • パイオニア子会社,「MONET コンソーシアム」に参加 2019年12月04日
  • PSSIら,自動運転バスのデモを実施 2019年11月15日
  • 2030年中国LiDAR市場,6,615億円に 2019年11月05日
  • 駐車支援/自動駐車システム,2030年は5,330万台に 2019年10月30日
  • NEDOプロ,HDマップ支援ツールの開発に着手 2019年10月28日
  • 東芝,単眼カメラで高精度測距するAIを開発 2019年10月28日
  • オンセミの車載センサー出荷数,1億個に 2019年10月23日
  • 三菱電機,一般道や自動駐車向け自動運転技術を開発 2019年10月23日