スタンレー,米AlN基板会社を子会社化

スタンレー電気は,11月25日開催の取締役会において,グループ会社のStanley Electric Holding of America, Inc.が,米国で窒化アルミニウム(AlN)半導体基板の開発・製造・販売を行なっているHexaTech,Inc.の株式を取得し子会社化することを決議したと発表した(ニュースリリース)。

同社は,深紫外LED製造のキーデバイスとなるAlN半導体基板の開発分野において優れた技術を持つHexaTech,Inc.を子会社とすることで,優位性の高いAlN半導体基板の供給体制を確立して深紫外LED製品の開発・量産スピードを向上させ,殺菌市場の開拓及び業績の拡大を図るという。

なおこの件が,同社の2020年3月期連結業績に与える影響は軽微と認識しており,HexaTech,Inc.の2020年12月期売上高は,5,400,000USD(約5.9億円)を計画しているとしている。

その他関連ニュース

  • ティー・イー・エム,プロリンクスを吸収合併 2019年12月04日
  • コニカミノルタ,仏プラネタリウム企業を買収 2019年11月27日
  • HOYA,CANDEO OPTRONICSを吸収合併 2019年11月05日
  • コグネックス,ディープラーニング企業を買収 2019年10月23日
  • 正電社,成和技研を吸収合併し「正電成和」に 2019年08月26日
  • オムロン,オートモーティブを日本電産へ譲渡 2019年04月17日
  • オプテックス,東京光電子工業を孫会社化 2019年01月10日
  • 島津製作所,米国の医療機器直販体制を強化 2019年01月09日