リコー, HUD向けレーザードライバを発売

リコー電子デバイスは,レーザースキャン方式ヘッドアップディスプレー(HUD)向け「RN5C750」とレーザースキャン方式ピコプロジェクター向け「RN5C752」のレーザーダイオードドライバ(LDD)を発売する(ニュースリリース)。

同社はリコーの複合機プリンター向けで培ったレーザードライバの技術を転用して,HUD向けやピコプロジェクター向けの製品を開発した。

車載電装システムではADASを筆頭に自動車の安全性向上に向けたシステムの要求が高まって来ており,視線移動の少ないHUDの需要が高まって来ている。また,システムの小型化が可能でありフォーカスフリーであるレーザースキャン方式のプロジェクターも今後デジタルサイネージなどでの需要の拡大が見込まれている。

プリンター向けで培った技術である,レーザーダイオードの特性を検出する機能やディミング機能の搭載により光学部品の簡素化や豊富な保護機能により,HUDやプロジェクターなどの設計を容易にするという。

製品名 RN5C750、RN5C752シリーズ
サンプル価格 1000円 (1,000個購入時の参考価格)
サンプル受注開始日 2019年11月27日
パッケージ QFN0808-56 (8.0×8.0×0.8mm)
月産規模 10万個

※価格は消費税を含まず

新製品の主な特長は以下の通り。
1.安全性,信頼性を提供
レーザースキャン方式のディスプレーシステムを高安全/高信頼に構築するために必要な機能を搭載
・レーザーダイオード(LD)の過電流検知/短絡検知,温度保護等を搭載しており,LDの動作に対する保護機能を搭載。
・AEC-Q100(Grade 2)準拠(RN5C750),動作保証温度は-40℃~+105℃と広く,AEC-Q100準拠の信頼性試験にも合格。

2.Quad-Channel の高速/高出力駆動を実現
・200Mpixel/secの高速かつ最大800mA(LD1のみ。LD2-4は400mA)での高出力が可能な電流ドライバーを4ch搭載。システムのフルHD(1080p)での高解像度表示に貢献。

3.温度に依らない高階調出力を実現
・プリンター向けで培った技術である,レーザーダイオードの特性を検出する機能を搭載。この機能を使用することで,LD毎のIth,Icolorを自動検出し,温度変動に依らず高い階調出力の保持が可能になる。

その他関連ニュース

  • パナ,AR-HUDと無人駐車システムを開発 2019年10月11日
  • 日本精機,HUD事業の開発拠点を拡張 2019年10月10日
  • パナの小型HUD,新型スカイラインに採用 2019年09月26日
  • リコー,レーザーHUDの量産ラインを構築 2019年06月03日
  • 2025年のレーザー照明世界市場,2兆1198億円に 2019年04月03日
  • マクセル,車載用小型AR-HUDを製品化 2019年03月27日
  • 【光フェア】京セラ,レーザーのセラミックパッケージを提案
    【光フェア】京セラ,レーザーのセラミックパッケージを提案 2018年11月13日
  • リコー,HUD用プロジェクションユニットを開発 2018年11月09日