パイオニア子会社,「MONET コンソーシアム」に参加

パイオニアの子会社であるパイオニアスマートセンシングイノベーションズは,ソフトバンクとトヨタ自動車などの共同出資会社であるMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ,MONET)が設立した「MONET コンソーシアム」への参加を発表した(ニュースリリース)。

「MONET コンソーシアム」は,日本におけるMaaS(Mobility-as-a-Service:モビリティサービス)オープンプラットフォームの構築およびMaaSの普及促進,また,移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目指して設立されたコンソーシアム。

今後,同コンソーシアムにおいて,独自のセンシング技術を用いた自動運転関連のサービスやソリューションの実現を目指していくという。

なおパイオニアスマートセンシングイノベーションズは,パイオニアの自動運転関連事業を承継する新会社として,2019年10月1日に設立された。同社は,高性能で小型かつ低コストなMEMSミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進め,2020年以降の本格的な量産を目指しているという。

同時に,3DLiDARセンサーを活用した高精度な「物体認識アルゴリズム」および「自車位置推定アルゴリズム」「周辺環境情報の差分抽出アルゴリズム」の開発も行なっている。

その他関連ニュース

  • 東芝,非機械式LiDARで検出距離4倍のSiPM開発 2020年07月07日
  • 京大ら,LiDAR用フォトニック結晶レーザー開発 2020年07月01日
  • 金沢大,遠方の信号を捉えるアルゴリズムを開発 2020年07月01日
  • オムニビジョン,車載イメージセンサー2機種発表 2020年06月26日
  • 東陽テクニカ,加速度センサーで自己位置特定 2020年06月26日
  • Livox,最長検出距離1kmのLiDARを販売 2020年06月22日
  • NEDOプロ,リアルタイムSLAM等エッジ技術を開発 2020年06月19日
  • 三菱,人と協調する自動運転AIを開発 2020年06月11日