2023年ウェアラブル用導電性材料市場,23.8倍の19億円

富士キメラ総研は,成膜,表面処理を施すことで機能を付与し,さまざまな分野で材料の高機能化に貢献するコート剤の世界市場を調査した。その結果を「2020年版 高機能コーティングの現状と将来展望」にまとめた(ニュースリリース)。

この調査では,コート剤とそれにより高機能化された応用製品の市場規模,用途別の需要動向,ニーズ・課題などを分析した。なお,コート剤21品目,応用製品7品目の世界市場と共に,耐油紙用コート剤や耐水紙など,近年注目される紙・脱プラ関連品目を加えたコート剤24品目,応用製品13品目の国内市場も併せて調査した。

銀めっきコーティングや導電性ポリマーを混合・含浸した導電性繊維,導電性ペーストをフィルム上に成形した導電性シートなど,衣類型のウェアラブルデバイスに使用される導電性材料を対象とした。

市場は2016年に立ち上がり,2019年はサンプル出荷,性能評価を中心に行なわれている。衣類型のウェアラブルデバイスは,競走馬・牛の健康管理を目的とした製品が展開されており,人が着用する製品については実証実験段階となる。使用するたびに洗濯することになるため,導電性材料としては耐久性向上が求められているという。

なお,心拍や心電図の計測などが可能であるが,測定結果がきちんと取得できるかどうかは個体差によるところが大きく,製品化前に多数のサンプルによる評価を行なわなくてはいけないことや,測定したデータをサービスとしてどのように展開していくか決めなければいけないなどハードルが高く,導電性材料の市場本格化は2021年以降とみている。

今回の調査で注目したコート剤市場については以下の通り。
・光触媒コート剤
酸化チタンの有する光活性を利用した光触媒コート剤を対象とした。
セルフクリーニング機能による防汚を目的に建築物のタイルやガラスに使用されており,市場は拡大している。

また,近年では可視光に反応することで窒素酸化物やホルムアルデヒドなどの除去や汚れ分解,抗菌・防カビなどの機能を付与するコート剤の採用が壁や天井など内装材で増加しており,2018年以降伸びているとみる。

市場は日本の需要が大半であるが,2018年3月に国際標準化機構(ISO)より光触媒の性能試験方法に関する国際規格が発行されたことから,今後海外市場の立ち上がりを期待している。

・非シリコーン系離型剤
フィルム用離型剤のうち,非シリコーン系離型剤を対象とした。シリコーンが付着することで誤作動が起こる可能性があるためシリコーンフリーニーズの高い半導体・実装分野や,シリコーン系粘着剤を使用するフィルムの離型フィルムに採用されている。

シリコーン離型剤と比較すると離型性で劣ることが課題だったが,研究開発により向上しており,用途拡大や新規用途の獲得を期待している。現在,フレキシブルOLEDでシリコーンOCAの開発が進んでおり,この離型フィルムにはフッ素系の非シリコーン系離型剤が採用されるとみられ,今後の市場拡大を予想している。

・自己修復性コート剤
塗膜の弾性効果によって衝撃や傷を回復させるコート剤を対象とした。光学フィルムをメインに,モバイル機器(スマートフォン,ノートPC)や建材,自動車でも採用されている。

光学フィルムやモバイル機器での需要は落ち着きつつあるものの,建材での化粧フィルム,自動車でのボディ用塗料や内外装部品のフィルム需要は好調となる。特に自動車は競合するハードコート剤と比較し,クラックが生じない点や加工性の高さから複雑な形状に対応できるため,自動車の軽量化を目的とする樹脂化の進展や樹脂化による意匠性の高いデザインの採用が進むことで需要の伸びを期待している。

・電磁波シールドコート剤
電磁波を反射し,内部への干渉を防止するコート剤を対象とした。プロジェクターなどのエレクトロニクス製品筐体の電磁波シールド材料として使用される。

電磁波干渉による誤作動防止のため,各種エレクトロニクス製品の開発の際に使用されるケースが多いが,回路などの設計レベルで対応できない際に応急的に使用される側面も強く,継続的に採用されるケースは少ない。そのため,新規採用は多いものの途中で採用中止となることも多く,市場は横ばいが続いてきた。

近年,RFIDをはじめとするIoT化や,ADASや5G化など高周波通信の電磁波ノイズ対策としてニーズが高まっており,今後の採用増加による市場の拡大を期待している。

また調査結果の概要については以下の通り。
・コート剤の世界市場
コート剤21品目の世界市場は2018年5,276億円となった。フレキシブルディスプレーの販売増加,ADASの普及による自動車関連の電装品の搭載増加と放熱・電磁波対策ニーズの増加により拡大し,2023年には6,027億円を予測している。

品目別では,OLEDで需要が増加しているポリイミドワニス,認知度向上により内装材で需要が増加している光触媒コート剤,ディスプレーや積層セラミックコンデンサーで需要が増加しているシリコーン系離型剤などの伸びを期待している。

・応用製品の世界市場
コート剤を使用した応用製品7品目の世界市場は2018年5,411億円となった。ディスプレーや半導体・実装関連で採用される品目を中心に好調であり,2023年には6,213億円を予測している。

品目別では,ウェアラブル用導電性材料(衣類型向け)の伸びを期待するほか,高硬度ハードコートシートもワイヤレス充電や5G通信の普及による筐体の樹脂化が進行することで拡大を予想している。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,世界最薄膜の磁気センサーシステム開発 2020年01月30日
  • 慶大ら,テラヘルツ波で心拍を非接触計測 2020年01月29日
  • 横国大ら,新生児用高密着バイタルセンサー開発 2020年01月22日
  • 22年セキュリティ関連市場,8.9%増の1兆741億円 2020年01月21日
  • 東大ら,生体認証用シート型イメージセンサー開発 2020年01月21日
  • 広島大ら,フッ素原子ポリマーでOPVを効率化 2020年01月14日
  • 2018年3Dプリンター材料市場,1,813億円に 2020年01月07日
  • パナ,世界初HDR対応のVRグラス開発 2020年01月07日