豊田合成,スタンレーと赤色LEDのライセンス契約

豊田合成は1月17日,スタンレー電気と窒化物系赤色蛍光体および,それを用いたLED特許(US Re41,234号)に関するライセンス契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

窒化物系赤色蛍光体は,青色LEDまたは紫外LEDなどとの組み合わせによって製造された高演色白色LEDや暖色系LEDに使用され,これらのLEDは照明や液晶ディスプレーのバックライトなどで使用されている。

今回の締結によってスタンレー電気はこの特許を使用することが可能になる。同社は,LED業界がこの特許技術を活用できるよう順次ライセンス契約を展開していくとしている。

その他関連ニュース

  • ウシオとブイテク,特許侵害訴訟で和解 2019年10月01日
  • 三井化学,ASMLとEUVパーツでライセンス契約 2019年06月04日
  • 日亜LED特許,侵害をドイツ裁判所が認める 2019年04月11日
  • 東大の学生発明コンテスト,光関連技術2件が入賞 2019年03月04日
  • ニコン,ASMLとZeissとの特許訴訟で和解 2019年01月30日
  • レーザー加工技術特許注目企業,1位は浜松ホトニクス 2018年07月30日
  • MCC,中国で赤色蛍光体の特許の有効性を確認 2017年05月23日
  • ニコン,露光技術でAMSLらを提訴 2017年04月25日