2019年シリコンウエハー出荷面積,前年比7%減

SEMIは,2月4日(米国時間),SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)が2019年末に実施したシリコンウエハー業界の分析結果をもとに,2019年の世界シリコンウエハー出荷面積が,過去最高を記録した前年から7%減少したことを発表した(ニュースリリース)。

また,2019年の世界シリコンウエハー販売額は前年比2%減となったが,依然として110億ドルを上回っている。

2019年の世界シリコンウエハー出荷面積は,総計118億1,000万平方インチとなり,2018年の出荷面積127億3,200万平方インチを下回った。販売額は,2018年の113.8億ドルから111.5億ドルへ減少した。

メモリ市場の軟化と在庫の調整が原因となり,2019年の世界半導体用シリコンウエハー出荷面積は減少したが,販売額は安定した力強さを示しているという。

この発表で用いている数値は,ウエハーメーカーよりエンドユーザーに出荷されたバージンテストウエハー,エピタキシャルウエハーを含む鏡面ウエハー,およびノンポリッシュドウエハーを集計したもの。

■ シリコンウエハー*業界の年間動向 

  2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019

出荷面積
(百万平方インチ)

8,137 6,707 9,370 9,043 9,031 9,067 10,098 10,434 10,738 11,810 12,732 11,810
販売額
(10億ドル)
11.4 6.7 9.7 9.9 8.7 7.5 7.6 7.2 7.2 8.7 11.4 11.2

(出典:SEMI 2020年1月)
* 半導体用のシリコン以外は含まず

その他関連ニュース

  • NAISTら,半導体に最適なグラフェンリボンを実現 2020年06月25日
  • キヤノン,解像力1.0μmの露光装置を発売 2020年06月24日
  • 阪大ら,最高性能の半導体スピン伝導素子を実証 2020年06月22日
  • 東北大ら,長寿命スピンの結晶方向を発見 2020年06月17日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は過去最高に 2020年06月10日
  • 青学,高性能p型酸化物半導体薄膜の合成法確立 2020年05月25日
  • 京大,半導体ナノ粒子の光学利得を向上 2020年05月13日
  • SEMI,2021年半導体ファブ投資は69憶ドルに 2020年05月11日