OSSら,リアルタイム運転技能診断システムを開発

オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS),近畿大学の研究グループは,ドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte(ドライブカルテ) 」を活用した高齢ドライバーの運転技能向上を促すリアルタイム運転技能診断システムを開発した(ニュースリリース)。

今回開発したリアルタイム運転技能診断システムは,車両に取り付けた「DriveKarte」のカメラやセンサーから出力されるドライバー画像や,位置情報,加速度などの情報を組合せて,自動で運転技能評価を行ない,運転中のドライバーに対してリアルタイムに音声で危険運転を通知する。

教習所での実車指導中にこのシステムを使用することにより,ドライバーが危険運転に気づくことで安全運転技能の向上を実現する。また,教官の指導を補助することにより教官の負荷低減にも貢献する。

高齢化に伴い,高齢ドライバーの交通事故防止対策は喫緊の課題となっている。現在,70歳以上の高齢ドライバーの免許更新時に実車指導を含めた高齢者講習が実施されている。

実車指導では,運転中に同乗する教官からの指導と,運転後にドライブレコーダーの映像をもとにした事後指導が実施されるが,今後より多くの受講者に効率的に対応するため機械化の導入や,指導の効果を高めるための取り組みが求められている。

このシステムは,OSSの「DriveKarte」と,近畿大学の開発した運転技能評価,通知システムを組み合わせることにより,運転中にリアルタイムでドライバーへのフィードバックを可能にした。同大学の開発した運転技能評価,通知システムは,指導員の安全運転知識をデータベース化し,ドライバーの技能を自動評価できるようにしたもの。

実験により,機械によるリアルタイムでの運転評価,通知が,高齢ドライバーの運転技能向上の指導に有効であることが確認されている。人による指導に加えて,機械による客観的な一定の判定による指導を行なうことで,高齢ドライバーへの指導力の向上が期待できる。

同社は,今後,このシステムを使ったサービスの実証実験を開始し,自動車教習所などの高齢ドライバー教育を必要としている事業者向けに,2020年度内に提供開始するとしている。

その他関連ニュース

  • 2025年ADAS/自動運転センサー市場は2兆4千億円 2020年10月27日
  • 東工大,手首のカメラでゼスチャー認識 2020年10月23日
  • 京セラ,光学迷彩搭載のコンセプトカーを発表 2020年09月29日
  • オンセミのセンサー,新型アイサイトに採用 2020年09月24日
  • AGCの曲面カバーガラス,キャデラックに採用 2020年09月11日
  • 富士通,車載カメラ映像解析プラットフォーム発売 2020年09月10日
  • 2045年,自動運転レベル3車両は4,280万台に 2020年09月07日
  • リコー,トンネルモニタリングサービス開始 2020年09月07日