ナノルクスら, IRマルチスペクトルセンサー実現

ナノルクス,奈良先端科学技術大学院大学の研究グループは,近赤外マルチスペクトルフィルターをFull HDイメージセンサー上に形成することに成功した(ニュースリリース)。

産業技術総合研究所保有の8インチ用ステッパー等フォトリソ加工装置群を使用し,表面に積層誘電体膜が形成された8インチSiイメジャー基盤(ピクセルサイズ:3um)に,複数回の高精度フォトリソ,エッチング加工を行ない,ベイヤー配列の近赤外線多層膜フィルターアレーを形成した。

今回の開発のポイントは,独自特許の多層膜構造(=ファブリーペロー基本構造)で,微細加工と薄膜(1.1um)を実現したことで,世界で初めて実用レベル(3umサイズの画素)のマルチスペクトルセンサーの製造が可能となり,脈波,監視など多様な活用方法が開けたことにあるという。

今後,同社は,同センサーを活用したバイタルセンシング,監視カメラの実用化に取り組んでいくとしている。

その他関連ニュース

  • 東工大,マイクロ波で反応促進する薄膜構造発見 2020年03月27日
  • ams,統合IRイルミネータモジュールを発表 2020年03月12日
  • ソニーら,HDRイベントベースセンサーを開発 2020年02月19日
  • 生理研ら,脳内pHをCMOSセンサーでイメージング 2020年02月12日
  • 筑波大ら,相転移物質で三次電池を高電圧化 2020年02月10日
  • 産総研,深層学習で赤外線画像をカラー化 2020年02月10日
  • NIMSら,量子井戸赤外線検出器を実現 2020年02月06日
  • 阪大ら,世界最薄膜の磁気センサーシステム開発 2020年01月30日